マイクロソフト、Windows RT搭載10.6型タブレットPC「Surface(サーフェス)」

投稿日:

日本マイクロソフト株式会社は、Windows RTを搭載した10.6型タブレットPC「Surface RT」をこのほど発売しました。ラインアップと価格は32GBモデルが49,800円、64GBモデルが57,800円、Touch Cover付きの32GBモデルが57,800円、Touch Cover付きの64GBモデルが65,800円。

Windowsベースで、タブレット向けに開発された「Windows RT」を標準搭載し、Windowsストアから様々なアプリケーションをダウンロードが可能。5点マルチタッチ対応の10.6型タッチパネルにより、直感的なスムーズ操作を実現。また、プロセッサーにNVIIDIAのクアッドコア「Tegra 3」を採用し、高い処理性能とグラフィック性能を発揮します。

基本仕様は、Tegra 3クアッドコアプロセッサー、2GBシステムメモリ、Windows RT、Office 2013 RTを搭載。液晶パネルは、1,366×768ドット/10.6型ClearType HDで、表面はCorningの耐衝撃ガラス「Gorilla Glass 2.0」を採用。センサーとして、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスを内蔵します。

インターフェイスは、USB 2.0、HDビデオ出力、microSDXC対応カードスロット、音声出力など装備。通信機能として、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0を備え、本体背面と前面に720p HD LifeCamを搭載。

本体サイズは約275×172×9mm(幅×奥行き×高さ)、質量は約675g。 内蔵バッテリの稼働時間は最大8時間。

Microsoft Surface RT 32GB 7XR-00030 (7XR00030)
Microsoft Surface RT 32GB + Touch Cover 9HR-00019 (9HR00019)

Microsoft Surface RT 64GB 7ZR-00017 (7ZR00017)
Microsoft Surface RT 64GB + Touch Cover 9JR-00019 (9JR00019)

Surface専用オプション

- スポンサードリンク -