VECLOS、ワイヤレスポータブルスピーカー「SPW-500WP」予約販売

投稿日:

サーモスは、「VECLOS」ブランドのワイヤレスポータブルスピーカー「SPW-500WP」を、9月上旬に発売する予定です。価格は38,800円。

高い剛性により、クリアなサウンドを実現する独自の「真空エンクロージャー」を採用したワイヤレスポータブルスピーカー。

「真空エンクロージャー」は、ステンレス二重構造のシリンダー形状(円筒)になっており、内筒と外筒との間は1,000万分の1気圧以下の高真空状態にし、真空層は大気より圧力が低い状態のため、大気との圧力差により内筒と外筒の表面に張力が発生。これにより、サーモス独自の高度な金属プレス加工と溶接のノウハウを駆使して作られたエンクロージャーの剛性が高くなり、優れたダンピング特性を発揮し、効果的に振動を抑制します。

また、真空層には音の振動を伝える空気がほとんどないため、内筒から発生するレゾナンスに対して優れた遮音性を発揮し、ノイズ感の無いクリアなサウンドで再生することが可能。IPX5相当の防水性能も備え、キッチンやアウトドアでの使用で水しぶきがかかっても音楽を楽しめます。

音質面では、Dirac Research社の独自デジタル補正技術「Dirac HD Sound」を採用。周波数特性だけでなく、従来のイコライザー補正ではできなかったインパルス応答性も補正することがき、一体型スピーカーでは再現が難しかった音像定位や音の立ち上がりを改善し、高品位でクリアなサウンドを再現。

さらに、オリジナルのステレオ音源が持つ臨場感を最大限に引き出す「Dirac Panorama Sound」を、AV機器では日本国内において初採用。Dirac Research社が特許を取得した独自の音場制御アルゴリズムを活用し、左右の音が混ざることによるステレオ感の喪失を修復するとともに、音源制作者の意図通りの音像定位とステレオイメージを再現し、一体型スピーカーとは思えない優れた臨場感を再現することが可能です。

低音域に対しては、パイオニア独自の特殊デジタル信号処理技術を用いた「BEAT BLASTER」により、コンパクトながら自然で迫力のある低音を再生します。最適な音響バランスの倍音を付加することで、音質を損なうことなく低域を増強し、メリハリのある迫力感を表現。

加えて、左右チャンネルごとにスピーカーボックスを分離しており、それぞれに高振幅の口径40ミリのフルレンジスピーカーと、低域増強用にパッシブラジエーターを各2基づつ搭載し、本体内部の左右の音の混在を遮断し、それぞれのチャンネルの音源を正確に再現しクリアで迫力のあるサウンドを実現。また、パッシブラジエーターを水平対向に配置したことで、不要な振動を抑え込みつつ、スピード感のある低音を再生することができます。実用最大出力は8W+8W。

ワイヤレス通信は、最新規格のBluetooth 5.0+EDRに準拠。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応。SCMS-Tもサポート。通信距離は約10メートル。登録台数は8台まで。3.5ミリのステレオミニ入力端子も備えており、オーディオケーブル使って接続したテレビやCDプレーヤーなどの音声を再生可能。そのほか、エレクトレックコンデンサー型の全指向性マイクも内蔵し、スマートフォンとペアリングすることでハンズフリー通話が可能。

本体サイズは261×72×91ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約1.1キロ。充電式リチウムイオン電池を搭載し、持続時間は約11時間。USB経由で充電し、充電時間は約5時間~約10時間。本体カラーはブラック(BH)、ホワイト(WH)の2色から選べます。

▼こちらで予約できます
VECLOS SPW-500WP ワイヤレスポータブルスピーカー SPW-500WP-BK/WH ブラック/.ホワイト

- スポンサードリンク -