アイ・オー、USB3.0対応HDDの大容量3TBモデル「HDCA-UT3.0K」

投稿日:

アイ・オー・データ機器は、USB3.0接続の外付けHDD「HDCA-UT」シリーズのラインナップに、大容量3TBモデル「HDCA-UT3.0K」を追加し、5月中旬より発売します。

縦置き・横置き両対応の外付型HDD。高速なUSB 3.0対応のインターフェイスと組み合わせることで、搭載しているHDDのポテンシャルをあますことなく引き出すことができるという。

対応OSはWindows XP/Vista/7で、Windows XPでの利用の場合は、OSの仕様により3TBを認識できいないため、同社が提供するフォーマッタを使って、フォーマットする必要があります。また、Macや録画テレビの東芝「REGZA(レグザ)」などでの使用の場合は、USB2.0での動作となります。

このほか、ネット動画を「HDCA-UT3.0K」に簡単保存できるユーティリティ「チューブとニコニコ、録り放題2 Selection」や、便利なソフトを集めた独自のユーティリティ群「IO.APPs(アイオーアップス)」を、無料でダウンロードして利用できます。

PCの電源のON/OFFに連動して無駄な消費電力を抑える「電源連動機能」も搭載。

筐体はファンレス・静音設計。サイズは約39×185×120mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.1kg。USBケーブルやACアダプタが付属し、価格は27,720円。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -