ツートップ、Quadroグラフィック搭載ワークステーション「WSS Quadro シリーズ」

投稿日:

株式会社ユニットコムは、 ツートップブランドにおいて、ELSA製Quadroグラフィックカードを採用したワークステーション「WSS Quadro シリーズ」を、このほど発売しました。

icon icon

- スポンサードリンク -

Adobe、AutodeskRR、Lightwave、SolidWorksなど、プロフェッショナル向けグラフィックソフトメーカーに推奨され、多くのタスクをハードウェアで高速に処理し、作業待ち時間の短縮を実現するNVIDIA Quadro搭載のELSA製グラフィックカードを採用したモデル。

ラインアップは、スタンダードモデルのQuadro 4000搭載「WSS TQ4000-S」と、Quadro 2000搭載「WSS TQ2000-S」。エントリーモデルのQuadro 600搭載「WSS TQ600M-E」と、「WSS TQ600SL-E」の計4機種。

スタンダードモデルの基本構成は、Core i7-3770(3.4GHz/TB時最大3.9GHz)プロセッサー、16GBメモリ、インテル Z77 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Professional 64bitを搭載。

TQ4000-Sは、Quadro 4000(2GB)グラフィックカード、120GB SSD、2TBハードディスクを備え、価格は185,000円。

TQ600SL-Eは、Quadro 2000(1GB)グラフィックカード、1TBハードディスクを備え、価格は138,000円。



エントリーモデルのTQ600M-Eは、 ミニタワーケースを採用したモデルで、価格は72,000円。TQ600SL-Eは、横置きにも対応するスリムケースを採用したモデルで、価格は75,000円。

基本構成は同じで、Core i5-3470(3.2GHz/TB時最大3.6GHz)プロセッサー、8GBメモリ、500GBハードディスク、インテル B75 Expressチップセット、Quadro 600(1GB)グラフィックカード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium 64bitを搭載。

全機種BTO対応で、自由にカスタマイズできます。

TWOTOP WSS Quadro シリーズ
icon

- スポンサードリンク -