パソコン工房、AMD Radeon VII搭載ゲーミングPC「LEVEL-M0B4-R52-RSR」/「LEVEL-R0X4-R72X-RSVI」

投稿日:

PC専門ショップ「パソコン工房」は、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、AMDの新世代グラフィックス「Radeon VII」を搭載した、ミニタワー型ゲーミングPC「LEVEL-M0B4-R52-RSR」、ミドルタワー型ゲーミングPC「LEVEL-R0X4-R72X-RSVI」を、このほど発売しました。価格は、LEVEL-M0B4-R52-RSRが184,980円(税抜)、LEVEL-R0X4-R72X-RSVが217,980円(税抜)。

パソコン工房 iiyama AMD Radeon VII搭載ゲーミングPC

2製品は、初めて7nmプロセスで製造された、第2世代VEGAアーキテクチャを採用するグラフィックス「AMD Radeon VII」搭載したゲーミングPC。

「AMD Radeon VII」は、第1世代のハイエンドグラフィックス「Radeon RX VEGA 64」の後継製品で、最大1.8GHzで駆動する60基の演算ユニット、3,840基のストリーミングプロセッサーを搭載。また、メモリバンド幅が1TB/sとなった16GBの第2世代メモリ「HBM2」を採用し、VEGA 64と比べて1.8倍のゲーミングパフォーマンス、2倍のメモリ容量、2.1倍のメモリ帯域を実現。

さらに、最新API「DirectX 12」や「Vulkan」などに最適化され、高度な演算処理と3D描処理を同時に行う「ASYNC COMPUTE」により、4KゲームタイトルやVR、8Kの写真とビジュアル作成などで、これまでにないレベルの高いパフォーマンスをみせます。

「LEVEL-M0B4-R52-RSR」の標準構成は、AMD Ryzen 5 2600プロセッサー(3.4GHz/最大3.9GHz)、8GBメモリ、AMD B450チップセット、240GB SSD、1TBハードディスク、AMD Radeon VII 16GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、InWin製ミニタワー型ケース「EM058」に搭載。

外部インターフェイスは、サイドにUSB 3.0×2、マイク入力、ヘッドホン出力。バックパネルにUSB 3.1×2、USB 3.0×4、PS/2、ギガビット・イーサネット、HDMI、ディスプレイポート×3、アナログ2chサウンドなど装備。

本体サイズは約190×410×356ミリ(幅×奥行×高さ)。本体カラーはブラック。


「LEVEL-R0X4-R72X-RSVI」の標準構成は、AMD Ryzen 7 2700プロセッサー(3.2GHz/最大4.1GHz)、16GBメモリ、AMD X470チップセット、NVMe対応250GB M.2 SSD、1TBハードディスク、AMD Radeon VII 16GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、InWin製ミドルタワー型ケース「BWR146」に搭載。本製品は、『PUBG JAPAN SERIES season1』推奨認定も受けています。

外部インターフェイスは、トップパネルにUSB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク入力、ヘッドホン出力。バックパネルにUSB 3.1×2、USB 3.0×4、USB3.0 タイプC、PS/2、ギガビット・イーサネット、HDMI、ディスプレイポート×3、アナログ8chサウンド、S/PDIF出力など装備。

本体サイズは約190×477×432ミリ(幅×奥行×高さ)。本体カラーはブラック。

それぞれ同梱品は、日本語キーボード、光学式マウス、電源コードなどが一式。BTOにも対応しているので、予算に合わせたカスタマイズも可能です。

そのほか、第8世代インテル Core i7-8700プロセッサー搭載コンパクトゲーミングPC「LEVEL-C0B6-i7-RSR」、第9世代インテル Core i5-9600Kプロセッサー搭載ミニタワー型ゲーミングPC「LEVEL-M039-i5K-RSR」、第9世代インテル Core i9-9820Xプロセッサー搭載フルタワー型ゲーミングPC「LEVEL-G029-LCi9SX-RSA」も発売中です。

▼こちらで購入できます
iiyama AMD Radeon VII搭載ゲーミングPC

- スポンサードリンク -