MSI、スリムゲーミングPC「Trident X Plus 9SE-093JP」

投稿日:

エムエスアイコンピュータージャパンは、インテル Core i9-9900Kプロセッサーを搭載したスリムゲーミングPCのハイエンド製品「Trident X Plus 9SE-093JP」を、このほど発売しました。価格は349,800円(税抜)。

B07NY8L2XZ

省スペース設計の筐体を採用した、スリムゲーミングデスクトップPCのハイエンド製品「Trident X 9SE-023JP」の後継製品。

マザーボードをインテル Z370チップセットからインテル Z390チップセットに変更し、8コア/16スレッド対応の第9世代インテル Core i9-9900Kプロセッサーと、NVIDIA GeForce RTX 2080グラフィックボードで構成。様々なゲームを高画質設定でも軽快に遊ぶことができます。

また、筐体内はプロセッサーとグラフィックスボード、電源ユニットの区画をそれぞれ独立させた「Silent Storm Cooling 3機構」を採用。効率的に外気を取り込み、優れた冷却性と静音性を両立。

さらに、グラフィックスボードは、動作温度が50度以下の低負荷時にはファンの動作を停止する機能「Zero Frozr」によって、さらなる静音化を図っています。

そのほか、フロントパネルとCPUクーラー、グラフィックスボードはMystic Light RGBに対応。加えて、スチール製サイドパネルに加え、強化ガラス製サイドパネルも同梱され、LEDライトの色や効果をカスタマイズして、自分好みのゲーミングギアを構築することが可能。

製品仕様は、インテル Core i9-9900Kプロセッサー(3.6GHz/最大5.0GHz )、インテル Z390チップセット、32GBメモリ、512GB NVMe M.2 SSD、2TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2080 8GBグラフィックボード、Windows 10 Home 64bitを搭載。

外部インターフェイスとして、フロントパネルにUSB 3.1 Gen1 タイプC、USB 3.1 Gen1 タイプA、USB 2.0、マイク入力、ヘッドホン出力。リアパネルにUSB 3.1 Gen2 タイプA×2、USB 3.1 Gen1 タイプA×2、USB 2.0×2、ディスプレイポート 1.2、HDMI 1.4、リアスピーカー出力、センタースピーカー出力、S/PDIF出力、ライン出力、ライン入力、マイク入力、ギガビット・イーサネットを装備。ワイヤレス通信は、IEEE 802.11ac準拠ワイヤレスLANとBluetooth 5.0に対応。

本体サイズは383×130×396ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は6.55キロ。同梱品は、電源ケーブル、専用スタンドが一式。

▼こちらで購入できます
MSI Trident X Plus 9SE-093JP 9SE093JP

- スポンサードリンク -