MSI、Core i7-9700K搭載スリムゲーミングPC「Trident X Plus (9SD-077JP)」

投稿日:

エムエスアイコンピュータージャパンは、スリムゲーミングデスクトップPC「Trident X」シリーズにおいて、第9世代インテル Core i7-9700Kプロセッサーを搭載した「Trident X Plus (9SD-077JP)」を、このほど発売しました。価格は269,800円(税抜)。

わずか10リットルのオリジナルスリム型ケースに、コードネーム“Coffee Lake Refresh”で呼ばれる、第9世代インテル Core i7-9700Kプロセッサーを搭載したゲーミングPC。

8コア/8スレッドのマルチスレッド処理性能により、ゲームプレイはもちろんのこと、プレイ動画の配信やVR コンテンツにおいて、より軽快に楽しむことができます。また、独自冷却技術「Silent Storm Cooling 3」を採用しており、ケース内をプロセッサー用、グラフィックボード用、電源ユニット用それぞれ独立させたスペースに格納することでエアフローを最適化されています。システム冷却は微調整が可能。

さらに、NVIDIA Turingアーキテクチャの新世代グラフィックス「GeForce RTX 2070」を採用した、MSI製グラフィックボードを装備。リアルタイムレイトレーシングやAIによって、光源、反射、影をリアルに表現することができ、これまでとは一線を画すグラフィック性能を発揮します。

そのほか、フロントパネルにLEDを搭載し、独自のRGB LEDコントロールソフト「Mystic Light」を使用すれば、自分好みにイルミネーションの演出を楽しめます。サイドパネルは、通常のスチール製パネルに加え、強化ガラス製パネルも同梱。

製品仕様は、インテル Core i7-9700Kプロセッサー(3.6GHz/最大4.9GHz)、インテル Z390チップセット、8GBメモリ×2、NVMe対応512GB M.2 SSD、1TBハードディスク、MSI GeForce RTX 2070 8GBグラフィックボード、ATX 80PLUS BRONZE 550W電源ユニット、Windows 10 Home 64bitを、「Trident X」シリーズ専用オリジナルスリム型ケースに搭載。

外部インターフェイスは、フロントパネルにUSB 3.1 Gen 1 タイプC、USB 3.1 Gen 1 タイプA、USB 2.0、マイク入力端子、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.1 Gen 2 タイプC、USB 3.1 Gen 2 タイプA、USB 3.1 Gen 1 タイプA、USB 2.0×2、PS/2、ギガビット・イーサネット、HDMI 2.0、ディスプレイポート 1.4、HDオーディオ、S/PDIF出力など装備。ワイヤレス通信として、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 5.0をサポート。

本体サイズは130×383×396ミリ(幅×奥行×高さ)で、質量は6.55キロ。同梱品は、ドライバ、MSIユーティリティ、MSI Gaming center、Anti-Virus (60日間無料)などが一式。

▼こちらで購入できます
MSI Trident X Plus 9SD-077JP (9SD077JP)

- スポンサードリンク -