MSI、第10世代インテル Core i7-10700Kプロセッサー搭載スリムゲーミングデスクトップPC「Trident X 10SD-1008JP」

投稿日:

エムエスアイコンピュータージャパンは、ハイエンドのスリムゲーミングデスクトップPC「Trident X」シリーズより、第10世代インテル Core i7-10700Kプロセッサーを搭載した「10SD-1008JP」を、このほど発売しました。価格は330,000円前後。

8コア/16スレッド対応の第10世代インテル Core i7-10700Kプロセッサーと、最新世代のNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERグラフィックボードで構成し、最新ゲームタイトルも軽快に楽しむことができるゲーミング性能を備えながら、省スペース設計を実現した高性能スリムゲーミングPCです。

また、熱源ごとに独立した、独自の冷却システム「Silent Storm Cooling 3」も採用し、長時間のゲームプレイ時でも安定した動作が可能。さらに、筐体サイドの交換用ガラスパネルが同梱しているので、標準のスチールパネルと交換すると、夜間のゲームプレイにおいてPC内部がRGB LEDによって、より一層映えます。

そのほか、ワイヤレスLANには新世代のWi-Fi 6に対応しており、電波の切断に強く、遅延を抑制し、最新ゲームもスムーズで安定して楽しむことが可能。

製品仕様は、インテル Core i7-10700Kプロセッサー(3.8GHz/最大5.1GHz)、インテル Z490チップセット、32GBメモリ、NVMe接続1TB M.2 SSD、2TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GBグラフィックボード、Windows 10 Pro 64bitを搭載。

外部インターフェイスとして、フロントパネルにUSB 3.2 Gen 1 タイプC、USB 3.2 Gen 1 タイプA、USB 2.0、マイク入力、ヘッドホン出力。バックパネルにUSB 3.2 Gen 2 タイプA、USB 3.2 Gen 1 タイプA×2、USB 2.0×2、ギガビット・イーサネット、サンダーボルト3、HDMI 2.0b、ディスプレイポート 1.4×3、ライン入力、ライン出力、マイク入力、センター/サブウーファー、リアスピーカー、S/PDIF出力を装備。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 5.0に対応。

本体サイズは396×137×410ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は6.7キロ。同梱品は、電源ケーブル、強化ガラスパネルなどが一式。

▼こちらで購入できます
MSI ゲーミングデスクトップPC Trident X 10SD-1008JP 10SD1008JP

- スポンサードリンク -