マウス、ナローベゼル採用15.6型ノートPC「m-Book R500シリーズ」

投稿日:

PC専門ショップ「マウスコンピューター」は、狭額縁「Narrow Bezel(ナローベゼル)」を採用した15.6型ノートPC「m-Book R500シリーズ」を、このほど発売しました。

マウスコンピューター m-Book R500シリーズマウスコンピューター m-Book R500シリーズ

「m-Book R500シリーズ」のラインアップは、エントリー製品「R500BN-S2」と、大容量メモリとデュアルストレージを搭載した「R500HN-M2SH2」の2製品。

液晶画面の上と左右のベゼル幅が約6.9ミリという、狭額縁「Narrow Bezel(ナローベゼル)」を採用したのが特徴で、これによりすっきりと画面が見やすく表示します。また、スリムな筐体に必要な強度を高めるために、天面と底面にはアルミ素材を採用するとともに、金属素材の質感をもつシルバーの筐体に仕上げています。

厚さ18.7ミリのスリムな筐体には、4コア/8スレッド処理に対応するインテルの第8世代モバイル向けCore i7-8565Uプロセッサーと、NVIDIAのノートPC専用グラフィック「GeForce MX150」を搭載し、優れた演算処理とグラフィック処理を発揮して、通常作業はもちろんのこと、ネットワークゲームもより軽快に楽しむことができます。

さらに、4K-UHD出力に対応するHDMI出力端子を装備し、高解像度の大型ディスプレイを組み合わせたマルチディスプレイで作業できるなど、使用用途に合わせてフレキシブルに運用することが可能。USB 3.1タイプCも備えており、外部ストレージと高速なデータ転送を実現。そのほか、タッチパッドにWindows Hello対応の指紋認証デバイスも搭載しており、Windowsへのログインが安全かつスピーディーに行なえます。

「R500BN-S2」の標準構成は、インテル Core i7-8565Uプロセッサー(1.8GHz/最大4.6GHz)、8GBメモリ、240GB SSD、NVIDIA GeForce MX150 2GBグラフィック、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は109,800円(税抜)。

「R500HN-M2SH2」は、「R500BN-S2」のメモリ容量を16GBに倍増し、SSDをM.2 SSDに換装、さらに1TBハードディスクを追加した上位製品。価格は129,800円(税抜)。

そのほかは共通で、液晶ディスプレイは1,920×1,080ドット/15.6型フルHD非光沢パネルを採用。外部インターフェイスは、USB 3.1 タイプC(ディスプレイポートと共用)、USB 3.0×2(タイプA)、 USB 2.0、マルチカードリーダー、ディスプレイポート(USB 3.1 タイプCと共用)、HDMI、4極コンボミニジャック(ヘッドホン/ マイク) など装備。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/​g/n/ac準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 5.0をサポート。ステレオ スピーカー、デュアルアレイマイク、87キー日本語キーボード、スクロール機能付きタッチパッド、100万画素ウェブカメラも備えます。

本体サイズは359.6×243.9×22.6ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約1.7キロ前後。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、稼働時間は約8.3時間。同梱品は、マカフィー リブセーフ(60日体験版)、ACアダプターなどが一式。

▼こちらで購入できます
マウスコンピューター m-Book R500シリーズ

- スポンサードリンク -