マウス、Core i7-9750H/GeForce MX 250搭載15.6型ノートPC「m-Book K700」シリーズ

投稿日:

PC専門ショップ「マウスコンピューター」は、インテルの第9世代Coreプロセッサーと、NVIDIAの最新モバイルグラフィックスを搭載した、15.6型ノートPC「m-Book K700」シリーズを、このほど発売しました。価格は99,800円(税抜)から。

マウスコンピューター m-Book K700シリーズ

「m-Book K700」シリーズは、6コア/12スレッド対応の第9世代インテル Core i7-9750Hプロセッサーと、NVIDIAのモバイルグラフィックス「GeForce MX 250」を搭載した、スタンダードノートPC。従来製品と比較して、プロセッサー性能が約18パーセント、グラフィックス性能も約6パーセントアップしており、より軽快に使用することが可能。

液晶ディスプレイは、1,920×1,080ドット(フルHD)/15.6型ノングレアパネル。また、広い視野角が特⻑のIPSパネルを採用しているので、どの角度から見ても視認性が⾼く、変化の少ない画面を映し出します。さらに、ベゼル部分の幅を抑えた「ナローベゼル」を採用し、ベゼルが気になりにくく、すっきり⾒やすいデザインとしています。

ベーシック製品「K700BN-M2S2」は、インテル Core i7-9750Hプロセッサー(2.6GHz/最大4.5GHz)、インテル HM370チップセット、8GBメモリ、256GB M.2 SSD、NVIDIA GeForce MX 250 2GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は99,800円(税抜)。

スタンダード製品「K700SN-M2SH2」は、インテル Core i7-9750Hプロセッサー(2.6GHz/最大4.5GHz)、インテル HM370チップセット、16GBメモリ、NVMe対応256GB M.2 SSD、1TBハードディスク、NVIDIA GeForce MX 250 2GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は119,800円(税抜)。

ハイエンド製品「K700XN-M2SH5」は、上記のメモリを32GB、SSDを512GBの増量。価格は129,800円(税抜)。

共通仕様は、ワイヤレス通信がIEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLANとBluetooth 5.0に対応。外部インターフェイスとして、USB 3.1 タイプC、USB 3.1 タイプA、USB 3.0、USB 2.0、HDMI、ミニディスプレイポート、マイク入力、ヘッドホン出⼒/ヘッドセット、カードリーダー(SDXC対応)、100万画素カメラ、ギガビット・イーサネットを装備。日本語キーボード、高精度タッチパッド、ステレオスピーカー、デュアルアレイマイクも配置。

本体サイズは361×258×24.9ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約2.0~2.1キロ。同梱品は、マカフィー リブセーフ(60日体験版)などが一式。

▼こちらで購入できます
マウスコンピューター m-Book K700シリーズ>

- スポンサードリンク -