HighPoint、ハイブリッドHDDを構築できるI/Fカード「RocketHybrid 1220」と「RocketHybrid 1222」

投稿日:

HighPointから、HDDとSSDを組み合わせてハイコストパフォーマンスのハイブリッドHDD(HVD)を構築できるPCI Express x1対応インターフェイスカード「RocketHybrid 1220」と「RocketHybrid 1222」が発売されました。

20110321__rh122x.JPG

Marvell製の6Gbps SATAコントローラ「88SE9130」を採用したI/Fカード。カードをPCI Express x1に搭載してHDDとSSDを接続することでハイブリッドな高速ドライブを作れるというもの。「RocketHybrid 1220」はSATAコネクタを装備した内蔵ドライブ用で、「RocketHybrid 1222」はeSATA用コネクタを2基備えた外付けドライブ用となってます。Low Profileにも対応。

AKIBA PC Hotline!の記事より

HVDはPCから1ドライブとして認識され、SSDがキャッシュのように機能、一方でHDDによる大容量も提供できるという。同社によれば、性能はSSD単体の8割程度ながら、コストは同容量のドライブをSSDのみで構築した場合の約3分の1になるとしている。なお、ミラーリングにより冗長性を優先させる「Safe Mode」に設定することもできる。

対応OSはWindows 7/Vista/Server 2008(32bit/64bit版)。価格は各8,980円前後。

AKIBA PC Hotline!
HDD+SSDでハイブリッドHDDを作れるSATAカードが発売に

▼RocketHybrid 1220の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
ドスパラ楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)


▼RocketHybrid 1222の製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで
ドスパラ楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)

- スポンサードリンク -