ドスパラ、GeForce GTX 1080/1070搭載ゲーミングPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨PC XG/XF/SF」

投稿日:

PC専門ショップ「ドスパラ」は、バーチャルリアリティを体験できる「Vive」が快適に動作する「Vive VR READY」推奨PCとして、GeForce GTX 1080を搭載したミドルタワーゲーミングPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨PC XG」と、GeForce GTX 1070を搭載したゲーミングPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨PC XF」、超小型ゲーミングPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨PC SF」をこのほど発売しました。価格は、「GALLERIA XG」が229,980円(税抜)、「GALLERIA XF」が159,980円(税抜)、「GALLERIA SF」が199,980円(税抜)。

インテル最新の第6世代Core i7プロセッサーに加えて、NVIDIAの最新ハイエンドグラフィックGeForce GTX 1080やGeForce GTX 1070などで構成したことで、HTC製ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使用してのバーチャルリアリティ(VR)コンテンツを存分に体験できるパフォーマンスを備えたPCと推奨される製品です。

「GALLERIA XG」の標準構成は、インテル Core i7-6700プロセッサー(3.4GHz/TB時最大4.0GHz)、8GBメモリ、480GB SSD、2TBハードディスク、インテル H170チップセット、GeForce GTX 1080 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 HOME 64bitを、GALLERIA専用オリジナルミドルタワーケース「KT」に搭載。

外部インターフェイスは、フロントにUSB 3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.0×2、USB 2.0×4、PS/2、DVI、HDMI出力、ディスプレイポート×3、マイク入力、ライン入力、ライン出力、ギガビットイーサネットを装備。

「GALLERIA XF」は、XGのGeForce GTX 1080 8GBを、GeForce GTX 1070 8GBに変更した製品で、バックパネルの外部インターフェイスが、USB 3.0×3、USB 2.0×2、PS/2、DVI、HDMI出力、ディスプレイポート×3、マイク入力、ライン入力、ライン出力、ギガビットイーサネットとなります。

本体サイズは207×520.7×450.2ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約13.9キロ。

「GALLERIA SF」の標準構成は、インテル Core i7-6700プロセッサー(3.4GHz/TB時最大4.0GHz)、8GBメモリ、480GB SSD、2TBハードディスク、インテル H110チップセット、GeForce GTX 1080 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 HOME 64bitを、GALLERIA専用オリジナル超小型ケース「KTC」に搭載。

外部インターフェイスは、フロントにUSB 3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.0×2、USB 2.0×4、PS/2、DVI、HDMI出力、ディスプレイポート×3、マイク入力、ライン入力、ライン出力、ギガビットイーサネット×2を装備。

本体サイズは105×350×382ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約7.2キロ。

全製品には、同梱品として24キー同時入力機能やどの位置からでも確実な入力を可能にする「プランジャー」を標準搭載したゲーミングキーボード「GALLERIA Gaming Keyboard」と、キー割り当て可能な多数のボタンやポインタの移動速度を瞬時に変更できる機能を搭載したレーザーマウスが付属。また、BTO対応なので予算に合わせたカスタマイズが可能。

そのほか、ドスパラではバーチャルリアリティヘッドセット「HTC VIVE」を99,800円(税抜)で販売中です。

▼こちらで購入できます
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XG
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XF
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル SF
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル

HTC Vive

- スポンサードリンク -