ドスパラ、GeForce GTX 1060/1070搭載ゲーミングノートPC「GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1060HGS/QSF1070HGS」

投稿日:

PC専門ショップ「ドスパラ」は、バーチャルリアリティを体験できるヘッドマウントディスプレイ「Vive」に対応した「Vive VR READY」推奨のノートPCとして、GeForce GTX 1060を搭載した「QSF1060HGS」、GeForce GTX 1070を搭載した「QSF1070HGS」をこのほど発売しました。価格は、QSF1060HGSが199,980円(税抜)、QSF1070HGS249,980円(税抜)。

両製品とも、最新の「Pascal」アーキテクチャを採用したNVIDIA GeForce GTX 1060/1070グラフィックチップを搭載したことで、今話題のバーチャルリアリティを体験するに使用するHTC製ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Vive」が快適に動作するPCとして推奨されるノートPCです。

「GALLERIA QSF1060HGS」の標準構成は、インテル Core i7-6700HQプロセッサー(2.6GHz/TB時最大3.5GHz)、インテル HM170チップセット、8GBメモリ、256GB SSD、1TBハードディスク、GeForce GTX 1060 6GBグラフィックチップ、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 HOME 64bitを搭載。

「GALLERIA QSF1070HGS」は、QSF1060HGSの8GBメモリを16GBメモリに増強し、GeForce GTX 1060グラフィックチップを、GeForce GTX 1070 8GBグラフィックチップに強化した製品。

そのほかは共通で、液晶ディスプレイは1,920×1,080ドット/17.3型ノングレアパネル。カメラはFHD画質Webカメラを装備。通信機能は、IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.2、ギガビットイーサネット(Killer E2400)。外部インターフェイスは、USB 3.1(Type C)、USB 3.0×6、SDXC対応カードリーダー、HDMI 1.4、ミニディスプレイポート、マイク入力、ヘッドフォン出力(S/PDIF出力と共用)。テンキー付き日本語キーボード、ステレオスピーカーなども備えます。

本体サイズは428×294×48ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約3.7キロ(バッテリー含む)。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、約3.9時間使用できます。

▼こちらで購入できます
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1060HGS
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1070HGS
GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル

- スポンサードリンク -