G-Tune、GeForce RTX 2080搭載17.3型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i7950」シリーズ

投稿日:

PC専門ショップ「マウスコンピューター」は、ゲーミングブランド「G-Tune」において、第9世代インテルプロセッサーと、NVIDIAハイエンドグラフィックスを搭載した17.3型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i7950」シリーズを、このほど発売しました。価格は359,800円(税抜)から。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7950シリーズ

「NEXTGEAR-NOTE i7950」シリーズは、従来の「NEXTGEAR-NOTE i7901」シリーズの後継製品で、プロセッサーがスタンダード製品「i7950SA1」に8コア/8スレッド対応の第9世代インテル Core i7-9700Kプロセッサー、ハイエンド製品「i7950GA1」と「i7950PA1」に8コア/16スレッド対応の第9世代インテル Core i9-9900Kプロセッサーを搭載。

また、グラフィックスがNVIDIAのハイエンド製品GeForce RTX 2080グラフィックスを搭載したことで、従来製品と比較して、3D Markのプロセッサースコアが約78パーセント、3D Markのグラフィックススコアが約6パーセント向上。最新3Dゲームのグラフィックス処理や物理演算が高速化されるので、ハイクオリティなゲームグラフィックの描写を行い、人物や物の動きも滑らかに映し出します。

液晶ディスプレイは、1,920×1,080ドット(フルHD)/17.3型ノングレアパネル。さらに、高速120Hzリフレッシュレート対応パネルを採用しているため、動きの速い映像を滑らかに表現します。加えて、上下/左右各85度の広視野角を保持しているため、どの角度から見ても色鮮やかにゲームグラフィックを表現します。

そのほか、FPSに適した複数キーの同時押しが可能なマルチキーロールオーバー対応ゲーミングキーボードを装備。「W/A/S/D」キーにはフチ取り処理が施されており、FPSに不慣れな方でも使用するキーの判断が容易にできます。バックライトも備え、専用ソフト「CONTROL CENTER 2.0」を使用して、キーボードの LED バックライトのカラーを自分好みに変更することができます。

「i7950SA1」の製品仕様は、インテル Core i7-9700Kプロセッサー(3.6GHz/最大4.9GHz)、インテル Z370チップセット、16GBメモリ、NVMe対応512GB M.2 SSD、NVIDIA GeForce RTX 2080 8GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は359,800円(税抜)。

「i7950GA1」の製品仕様は、インテル Core i9-9900Kプロセッサー(3.6GHz/最大5.0GHz)、インテル Z370チップセット、32GBメモリ、NVMe対応512GB M.2 SSD、1TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2080 8GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は379,800円(税抜)。

「i7950PA1」は、上記のメモリを64GBに、ハードディスクを2TBに増量。価格は459,800円(税抜)。

共通仕様は、ワイヤレス通信がIEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLANとBluetooth 4.2に対応。外部インターフェイスとして、サンダーボルト3/USB 3.1 タイプC共用、USB 3.1 タイプA、USB 3.0、USB 2.0、HDMI、ミニディスプレイポート×2、ラインイン、ラインアウト、マイク入力、ヘッドホン出⼒(S/PDIFと共用)、カードリーダー(SDXC対応)、100万画素カメラ、ギガビット・イーサネットを装備。日本語バックライトキーボード、高精度タッチパッド、ステレオスピーカー、デュアルアレイマイクも配置。

本体サイズは418×295.3×41.5ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約4.3~4.4キロ。内蔵バッテリーの稼働時間は約2.2時間。同梱品は、マカフィー リブセーフ(60日体験版)などが一式。

▼こちらで購入できます
G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7950シリーズ

- スポンサードリンク -