G-Tune、第9世代Coreプロセッサー/GeForce RTX 20シリーズ搭載ハイエンドゲーミングPC「MASTERPIECE i1640シリーズ」

投稿日:

PC専門ショップ「マウスコンピューター」は、ゲーミングPC「MASTERPIECE i1640シリーズ」に、第9世代のインテル Coreプロセッサーと、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズを搭載した製品を追加し、このほど発売しました。

icon

「MASTERPIECE i1640シリーズ」に追加されたのは、Core i7-9700K+GeForce RTX 2070で構成した「i1640GA1-SP」、Core i7-9700K+GeForce RTX 2080で構成した「i1640PA1-SMM」、Core i9-9900K+ GeForce RTX 2080 Tiで構成した「i1640PA2-SP2」の3製品。

3製品には、コードネーム“Coffee Lake Refresh”で呼ばれた、第9世代のCoreプロセッサーを採用。8コア/16スレッドに対応するインテル Core i9-7900Xプロセッサーまたは10コア/20スレッドに対応するインテル Core i9-7900Xプロセッサーを搭載しており、前世代プロセッサーと比較してコア数/スレッド数ともに増強され、動作クロックも最大5.0GHzまで達し、物理演算能力が必要とされるゲームプレイでこれまで以上に軽快に楽しめます。

さらに、グラフィックボードには、新世代のNVIDIA Turingアーキテクチャを採用した「GeForce RTX 20シリーズ」を採用。リアルタイム レイ トレーシング処理により高速な処理速度と優れたグラフィック性能を発揮し、ゲームを軽快にプレイできるのはもちろんのこと、3DCGやCAD、デジタルコンテンツ制作に高いパフォーマンスを提供します。

「i1640GA1-SP」の標準構成は、インテル Core i7-9700Kプロセッサー(3.6GHz/最大4.9GHz)、インテル Z390チップセット、32GBメモリ、480GB SSD、NVIDIA GeForce RTX 2070 8GBグラフィックボード、スロットイン式DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、オリジナルミドルタワーケースに搭載。価格は259,800円(税抜)。

「i1640PA1-SMM」は、「1640GA1-SP」のグラフィックボードをNVIDIA GeForce RTX 2080 8GBに強化した製品。価格は279,800円(税抜)。

「i1640PA2-SP2」は、「1640GA1-SP」のプロセッサーをインテル Core i9-9900K(3.6GHz/最大5.0GHz)、グラフィックボードをNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GBに強化した製品。価格は359,800円(税抜)。

本体サイズは共通で215×490×501ミリ(幅×奥行×高さ)。同梱品は、CD・DVDライティングソフト、DVD再生ソフト、マカフィー リブセーフ(60日体験版)などが一式。

▼こちらで購入できます
MASTERPIECE i1640 シリーズ (Z390) デスクトップゲーミングPC

- スポンサードリンク -