G-GEAR、Coffee Lake-S搭載ゲーミングPC「GA7J-J92/ZT」/「GI7J-B92/ZT」

投稿日:

PC専門ショップ「ツクモ」は、第8世代のインテル Coreプロセッサーを搭載したゲーミングデスクトップPC「G-GEAR GA7J-J92/ZT」と「G-GEAR mini GI7J-B92/ZT」をこのほど発売しました。価格はGA7J-J92/ZTが219,800円(税抜)、GI7J-B92/ZTが99,800円(税抜)。

両製品とも、コードネーム“Coffee Lake-S”と呼ばれる、第8世代のインテル Coreプロセッサーを搭載し、コア数の増加などにより、先代プロセッサーからさらに演算性能を向上させています。

「G-GEAR GA7J-J92/ZT」には、前世代より2コア多い6コア/12スレッド処理が可能な最新プロセッサー「インテル Core i7-8700K」を搭載。また、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0によって最大ターボ周波数を4.7GHzまで高められています。

グラフィックスボードは、Pascalアーキテクチャのハイエンドグラフィックチップ「NVIDIA GeForce GTX 1080」で構成し、最新3Dゲームやバーチャルリアリティ(VR)対応ゲームも存分に楽しむことができます。

マザーボードはASUS社製最新ゲーミングマザーボード「TUF Z370-PLUS GAMING」を採用。チップセットに最新のインテル Z370を搭載。長期的な耐久性と安定性のためにボードに採用された各部品は、一定の基準を満たして製造・検証されたミリタリーグレードのTUFコンポーネントによって構成され、強靭さと信頼性を重視して設計されています。

標準構成は、インテル Core i7-8700Kプロセッサー(3.7GHz/最大4.7GHz)、8GBメモリ、240GB SSD、2TBハードディスク、インテル Z370チップセット、NVIDIA GeForce GTX 1080 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、オリジナルミドルタワーケース「69JD」に搭載。

外部インターフェイスは、フロントにUSB 3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.1(Gen 2)×2、USB 3.0×3(タイプA×2+タイプC×1)、USB 2.0×2、PS/2、DVI-D、HDMI、 ディスプレイポート×3、アナログオーディオ入出力、ギガビットイーサネットなど装備。

本体サイズは190×475×435ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約12キロ。


「G-GEAR mini GI7J-B92/ZT」には、前世代より2コア多い4コアとなったインテル Core i3-8100プロセッサーを採用。動作周波数は3.6GHz。

グラフィックスボードは、Pascalアーキテクチャのミドルクラスグラフィックチップ「NVIDIA GeForce GTX 1060」で構成し、10万円(税別)をきる購入しやすいゲーミングPCです。

マザーボードは、ASRock製mini-ITXマザーボード「Z370M-ITX/ac」を採用。チップセットに最新のインテル Z370を搭載したマザーボードで、高機能ながらコストパフォーマンスにも優れています。

標準構成は、インテル Core i3-8100プロセッサー(3.6GHz)、8GBメモリ、240GB SSD、インテル Z370チップセット、NVIDIA GeForce GTX 1060 3GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、オリジナルミニタワーケース「8M05」に搭載。

通信機能はIEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.2、ギガビットイーサネットを内蔵。外部インターフェイスは、フロントにUSB 3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.0×6、USB 2.0×2、PS/2、DVI-D、HDMI、 ディスプレイポート×3、アナログオーディオ入出力など装備。

本体サイズは183×390×300ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約7.5キロ。

▼こちらで購入できます
G-GEAR GA7J-J92/ZT
G-GEAR mini GI7J-B92/ZT

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。

G-GEAR、Core i7-8700搭載コンパクトゲーミングPC「GI7J-E92/ZT」