EIZO、2,560×1,440ドットの27型液晶「ColorEdge(カラーエッジ) CG276」が4K×2K表示に対応

投稿日:

EIZOは、2,560×1,440ドット/27型のプロフェッショナル向けカラーマネージメント液晶ディスプレイ「ColorEdge(カラーエッジ) CG276」について、4月生産分より4K×2K表示に対応させる新機能を追加します。

- スポンサードリンク -

「CG276」は、プロフェッショナルフォトやプリプレス、映像制作市場向けに適した27型液晶ディスプレイ。独自の輝度ムラ・色度ムラ補正(デジタルユニフォミティ補正)回路を搭載し、輝度と色度が均一になるように画面全体を全階調で補正。周囲の温度変化や色温度、輝度の変更に対しても安定して画面の表示均一性を保つように作りこまれています。

画質面では、Adobe RGBカバー率97%の広色域表示に対応するほか、sRGBや印刷業界の基準色「JMPAカラー」「Japan Color」の色域、NTSC比102%もサポート。また、筐体下部に「キャリブレーションセンサー」を内蔵し、単体でキャリブレーションが可能で、定期的な再調整も自動で実施します。

追加された新機能により、DisplayPort端子に入力される30フレーム/秒までの4,096×2,160ドット、および3,840×2,160の4K×2K解像度の信号を画面に縮小して表示することができるようになり、4K×2K解像度の簡易表示用として活用できます。

対応信号は、4,096×2,160/30p,25p,24pと、3,840×2,160/30p,25p,24p。対応グラフィックカードは、AMD FirePro W5000/ V4900、AMD Radeon HD 6850。対応OSはWindowsのみとなっています。

EIZO 27型カラーマネージメント液晶モニター ColorEdge CG276

- スポンサードリンク -