ドスパラ、Kaby Lake Refresh搭載15.6型ノートPC「Critea(クリテア) DX-KS F7/VF-HEKS」

投稿日:

PC専門ショップ「ドスパラ」は、第8世代のインテル Core i7プロセッサーを搭載した15.6型ノートPC「Critea DX-KS F7」と「Critea VF-HEKS」をこのほど発売しました。

両製品には、コードネーム“Kaby Lake Refresh”と呼ばれる、第7世代の“Kaby Lake”の改良版となる第8世代モバイル向けプロセッサー「インテル Core i7-8550U」を搭載し、オフィスソフトからゲームまでオールラウンドに使えます。

軽量で持ち運びやすく、シンプルなデザインの本体に1,920×1,080ドット/15.6型フルHD非光沢液晶ディスプレイを搭載。高精細表示が可能で、反射や映り込みが少なく、長時間使用しても目の負担がかかりにくいです。

「Critea VF-HEKS」には、Pascal世代のモバイル向けグラフィックチップ「NVIDIA GeForce MX150」を搭載。最新のグラフィックパフォーマンスで、多少重めの動画・画像処理・ゲームを軽快に処理します。


Critea DX-KS F7」の標準構成は、インテル Core i7-8550Uプロセッサー(1.8GHz/最大4.0GHz)、8GBメモリ、1TBハードディスク、インテルチップセット、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は99,980円(税抜)。

「Critea VF-HEKS」は、ハードディスクを250GB SSDに換装し、NVIDIA GeForce MX150グラフィックチップを追加した製品。価格は109,980円(税抜)。

そのほかは共通で、通信機能はIEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.2、ギガビットイーサネット。外部インターフェイスは、USB 3.0×2、USB2.0、HDMI 1.4出力、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子、SDXCカードリーダーなど装備。内蔵ステレオスピーカー、日本語キーボード (テンキー付き)、タッチパッド、HD画質Webカメラも備えます。

本体サイズは382×256×23.9ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は、DX-KS F7が約1.8キロ、VF-HEKSが約1.8キロ。リチウムイオンバッテリーの駆動時間は、DX-KS F7が約5.6時間、VF-HEKSが約7.7時間。

▼こちらで購入できます
Critea DX-KS F7
Critea VF-HEKS

- スポンサードリンク -