ドスパラ AMD Ryzen搭載ゲーミングPC「GALLERIA AT・AF・AG・AG特別モデル」

投稿日:

PC専門ショップ「ドスパラ」は、ゲーミングブランド「GALLERIA (ガレリア)」の新製品として、AMDの新型APU「Ryzen(ライゼン)」搭載したゲーミングPC「AT」、「AF」、「AG」、「AG特別モデル」をこの程発売しました。価格は159,980円(税抜)から。

全製品に、メインストリームの価格帯で8コアを搭載したAMDの最新APU「Ryzen」を採用したゲーミングデスクトップPC。

“Zen(ゼン)”マイクロアーキテクチャを採用し、前世代の“Excavator(エクスカベイター)”マイクロアーキテクチャと比較して、クロックあたりの処理性能が最大で52パーセント高めています。また、100以上のセンサーによる細かな周波数と電力コントロールを行う、SenseMIテクノロジーをはじめ、様々なアーキテクチャや進化した処理テクノロジーにより、高負荷状態が長時間続くゲームやクリエイター用途などにも適応する優れたパフォーマンスを発揮します。

「GALLERIA AT」の標準構成は、AMD Ryzen 7 1700(3.0GHz/最大3.7GHz)、AMD B350チップセット、8GBメモリ、500GB SSD(SATA3接続)、2TBハードディスク、GeForce GTX 1060 6GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64ビットを、オリジナルミドルタワーケース「KT」に搭載。価格は159,980円(税抜)。

「GALLERIA AF」は、メモリ容量を16GBに増強し、グラフィックボードをGeForce GTX 1070 8GBに強化。価格は189,980円(税抜)。

「GALLERIA AG」は、APUをRyzen 7 1700X(3.4GHz/最大3.8GHz)に、グラフィックボードをGeForce GTX 1080 8GBに強化。価格は229,980円(税抜)。

「GALLERIA AG特別モデル」は、AGのSSDをSSD 256GB(NVMe接続)に変更し、ハードディスク容量を3TBに増強。価格は239,980円(税抜)。

外部インターフェイスは共通で、フロントにUSB 3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力、ヘッドフォン出力。バックパネルにUSB 3.0×6、PS/2、ギガビットイーサネット、DVI、HDMI出力、DisplayPort×3、マイク入力、ライン入出力×各1など装備。

本体サイズは207×520.7×450.2ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約13.9キロ。同梱品は、ゲーム向けレーザーマウス、GALLERIA Gaming Keyboardなど。BTOカスタマイズにも対応し、予算に合わせたカスタマイズが可能です。

▼こちらで購入できます
GALLERIA AG
GALLERIA AF
GALLERIA AG
GALLERIA AG 特別モデル

- スポンサードリンク -