オンキヨー、ノイズ低減回路「DIDRC」搭載のPC用サウンドカード「SE-300PCIE」

投稿日:

オンキヨーは、PCI Express x1接続のPC用サウンドカード「SE-300PCIE」を4月末に発売する予定です。

「SE-200PCI LTD」以来、実に3年振りとなる同社初のPCI Express x1接続に対応したサウンドボード。フラッグシップセパレートオーディオ「M-5000R」などに採用されている独自の動的ノイズ超低減回路「DIDRC」を採用し、これを2chアナログオーディオ回路やヘッドホン回路に搭載。

また、バーブラウン製のDAC「PCM1798」を左右に独立して採用したことで120dBという高いSN比を実現。さらに、Creative製のオーディオプロセッサー「20K2 X-Fi」なども組み合わせることで、「新世代にふさわしい、鮮やかで美しいサウンド再生を楽しめる」としています。アナログオーディオ回路は銅シールドでカバーし、デジタル回路と電源のDC/DCコンバーターには磁性シールドでカバーし、信号を内部干渉や輻射ノイズから守るシールド材をそれぞれに分けて使用することで、性能を極限まで高めたという。

ゲーム用としてオーディオ「EAX ADVANCED HD 5.0」サウンドエフェクトに対応。「ゲームモード」、「エンターテイメントモード」、「オーディオクリエーションモード」の3種類を備え、ゲームプレイ時にPCのCPU 負荷を軽減しながらオーディオ出力が可能。音楽製作向けにASIO2.0もサポートし、使用の幅を拡げます。

このほか、オーディオ回路に安定した電源供給ができる「絶縁型高レギュレーション±両電源」や、シアターシステムと接続できる「7.1ch出力用スロット」、高い音質を再現する「カスタムAUDIOコンデンサー」、精度の高いD/A変換を実現する±10PPMの「高精度クロック」なども搭載し、「様々な用途に対応し、どのような場面でもオーディオ技術を駆使した回路・基板設計により最高のパフォーマンスを発揮」できるということです。

インターフェイスは、アナログRCA出力、デジタル光出力、デジタル同軸出力、ヘッドフォン出力端子、ステレオミニジャック入力、デジタル光入力を装備。対応OSはWindows 7(32/64ビット)/Vista(32ビット SP1以降)。実売価格は34,800円前後。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -