DAIV、Kedy Lake搭載クリエイター向けデスクトップPC「DAIV DAIV-DGZ510シリーズ」

投稿日:

マウスコンピューターは、インテルの第7世代プロセッサーを搭載した「DAIV」ブランドのクリエイター向けデスクトップPC「DAIV-DGZ510シリーズ」をこのほど発売しました。

iconicon

「DAIV-DGZ510シリーズ」は、Core i5-7400プロセッサーを搭載した「DAIV-DGZ510E1」、Core i7-7700プロセッサーを搭載した「DAIV-DGZ510S1-SH2」「DAIV-DGZ510M1-SH2」「DAIV-DGZ510H1-SH5-V」「DAIV-DGZ510H2-SH5」の5製品がラインアップ。

全製品に、コードネーム“Kaby Lake”と呼ばれる第7世代のインテル Coreプロセッサーを搭載し、従来製品から処理性能を向上させたクリエイティブ向けデスクトップPC。第6世代プロセッサーの設計を受け継ぎながら、消費電力はそのままに動作クロックを向上させています。また、メインメモリはDDR4メモリのPC-19200をサポートすることで、内部データ転送レートが高速化、システム全体のパフォーマンスが引き上げられています。

さらに、チップセットについては新世代のインテル 270チップセットを採用。第7世代プロセッサーの性能をフルに引き出し、拡張されたPCI Express仕様により、PCIe接続のM.2 SSDやSATA接続HDDより柔軟なストレージ構成が可能です。


グラフィックボードはNVIDIA PascalアーキテクチャーのGeForce GTX 10シリーズを装着。大容量データを扱うクリエイティブな環境において、もう一段階上の圧倒的なパフォーマンスにより、あらゆる作業を一層快適にします。

「DAIV-DGZ510E1」の標準構成は、インテル Core i5-7400プロセッサー(3.0GHz/最大3.5GHz)、インテル Z270チップセット、8GBメモリ、1TBハードディスク、GeForce GTX 1050 2GBグラフィックボード、Windows 10 Home 64bitを、DAIV専用オリジナルケースに搭載。価格は99,800円(税抜)。

「DAIV-DGZ510S1-SH2」の標準構成は、インテル Core i7-7700(3.6GHz/最大4.2GHz)、インテル
Z270チップセット、16GBメモリ、240GB SSD、2TBハードディスク、GeForce GTX 1060 3GBグラフィックボードを搭載。価格は129,800円(税抜)。

「DAIV-DGZ510H1-SH5」は、グラフィックボードをGeForce GTX 1070 8GBに強化。価格は169,800円(税抜)。

「DAIV-DGZ510H1-SH5-V」は、グラフィックボードをGeForce GTX 1080 8GBに強化し、SSDの容量を480GB、ハードディスクの容量を3TBに増強。価格は204,800円(税抜)。。

「DAIV-DGZ510H2-SH5」は、DAIV-DGZ510H1-SH5からグラフィックボードをGeForce GTX 1080 Ti 11GBに強化。価格は224,800円(税抜)。

本体サイズは190×490×490ミリ(幅×奥行×高さ)。同梱品は、USB光学式スクロールマウス、USB日本語102キーボードなどが一式。BTOにも対応し、予算に合わせたカスタマイズが可能です。

▼こちらで購入できます
DAIV-DGZ510シリーズicon

- スポンサードリンク -