DAIV、クリエイター向けノートPC「DAIV-NG7600シリーズ」/「DAIV-NQ7500シリーズ」

投稿日:

PC専門ショップ「マウスコンピューター」は、クリエイター向けPCブランド「DAIV」の新製品で、ノートタイプの「DAIV-NG7600シリーズ」と「DAIV-NQ7500シリーズ」をこのほど発売しました。

iconiconiconicon

両シリーズとも、処理能力に優れたデスクトップパソコン向けプロセッサーやNVIDIAの高性能モバイルグラフィックチップで構成することで、手軽に持ち運べる筐体でありながら、外出先でもデスクトップPCと遜色のないパフォーマンスを発揮します。

また、液晶ディスプレイは4K-UHDの超高解像度に準拠した17.3型のAdobe RGB比100パーセントの4Kパネルを採用。広い諧調に対応することで、デジタル一眼レフカメラなどで撮影したデータを色潰れなどを起こしにくく、正確な色表現を行うことができるうえ、外部ディスプレイなどを接続する必要が無いため、本機のみで外出先でも精度の高い色調確認が可能です。さらに、液晶パネルは、工場出荷時に一台一台、色域の測定を行い、表現可能な範囲を明記した「色域出荷データシート」を同梱します。

両シリーズの大きな違いはグラフィックチップで、NG7600シリーズにはDirect Xをベースに様々な用途に汎用的に使用できる「GeForce GTX 965M」を、DAIV-NQ7500シリーズにはOpen GLをベースに10bitカラー出力、ISV認証による高い信頼性のある「Quadro M3000M」を搭載し、用途や予算に合わせて選択できます。

NG7600シリーズは、スタンダードモデルの「DAIV-NG7600E1」、メモリ&SSDの容量増強モデル「DAIV-NG7600S1」、SSD RAID 0仕様の「DAIV-NG7600H1」、SSDデュアルストレージモデルの「DAIV-NG7600U1」、PCI Express x4接続のSSDRAID 0仕様モデル「DAIV-NG7600U1-SP」、トリプルストレージ搭載のハイエンドモデル「DAIV-NG7600U1-SP2」の6製品。

このうち「DAIV-NG7600E1」の標準構成は、インテル Core i7-6700プロセッサー(3.4GHz/TB時最大4.0GHz)、8GBメモリ、インテル Z170チップセット、240GB SSD、GeForce GTX 965M 4GBグラフィックチップ、3,840×2,160ドット(4K)/17.3型IPSノングレア液晶ディスプレイ、IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.2+LE、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は209,800円(税抜)。

DAIV-NQ7500シリーズは、スタンダードモデルの「DAIV-NQ7500E1」、メモリ容量増強モデル「DAIV-NQ7500S1」、SSD RAID 0仕様の「DAIV-NQ7500U1」、トリプルストレージ搭載のハイエンドモデル「DAIV-NQ7500U1-SP」の4製品。

「DAIV-NQ7500E1」の標準構成は、インテル Core i7-6700プロセッサー(3.4GHz/TB時最大4.0GHz)、8GBメモリ、インテル Z170チップセット、500GBハードディスク、Quadro M3000M 4GBグラフィックチップ、3,840×2,160ドット(4K)/17.3型IPSノングレア液晶ディスプレイ、IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.2+LE、Windows 10 Home 64bitを搭載。価格は279,800円(税抜)。

▼こちらで購入できます
DAIV-NG7600シリーズicon
DAIV-NQ7500シリーズicon

- スポンサードリンク -