ドスパラ、Broadwell-E搭載ゲーミングPC「GALLERIA XT-E/XF-E/XG-E」

投稿日:

PC専門ショップ「ドスパラ」は、インテル最新のCore i7 プロセッサー「Broadwell-E」を搭載したハイエンドゲーミングPC「GALLERIA XT-E」「GALLERIA XF-E」「GALLERIA XG-E」の3製品をこのほど発売しました。

開発コードネーム“Broadwell-E”と呼ばれる最新Core i7プロセッサーを搭載したゲーミングPC。Broadwell-Eは、14ナノメートルプロセスで製造され、前世代Haswell-Eの比較で、省電力化を図りながら、最大10コアという物理コアの搭載を実現。コア数が増えたことで同時並行処理性能が飛躍的に向上し、最新3Dゲームも軽快にプレイが可能です。

さらに、負荷状態に応じて動作クロックをアップさせる「Turbo Boost Technology 2.0」などの先進機能を採用し、最新ゲームのプレイ時をはじめ、多数のアプリケーションを同時に利用するオフィスユース、高解像度画像や4K映像の加工・編集など非常に高い演算能力を必要とする用途でも、今まで以上に快適に使用できます。

「GALLERIA XG-E」と「GALLERIA XK-E」の2製品には、10コア/20スレッド対応Core i7-6950X Extreme Editionプロセッサーを、「GALLERIA XT-E」には6コア/12スレッドのCore i7-6800Kプロセッサーを搭載します。また、BTOでは6コア/12スレッドのCore i7-6850Kプロセッサー(3.6~3.8GHz)や、8コア/16スレッドのCore i7-6900Kプロセッサー(3.2~3.7GHz)が選べるので、予算に合わせたカスタマイズが可能。

「XT-E」の標準構成は、インテル Core i7-6800Kプロセッサー(3.4GHz/TB時最大3.6GHz)、インテル X99チップセット、16GBメモリ、250GB SSD、2TBハードディスク、GeForce GTX 960 2GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64ビットをGALLERIA専用オリジナルミドルタワーケース「KT」に搭載し、価格は179,980円(税抜)。

「XK-F」は、XT-EのGeForce GTX 960グラフィックボードを、GeForce GTX1070 8GBグラフィックボードに強化した製品で、価格は219,980円(税抜)。

「XG-E」の標準構成は、インテル Core i7-6950X Extreme Editionプロセッサー(3.0GHz/TB時最大3.5GHz)、インテル X99チップセット、32GBメモリ、480GB SSD、3TBハードディスク、GeForce GTX1080 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64ビットをGALLERIA専用オリジナルミドルタワーケース「KT」に搭載し、価格は499,980円(税抜)。

同梱品は、24キー同時入力対応のゲーミングキーボード「GALLERIA Gaming Keyboard」、ゲーム向けレーザーマウスなど。そのほか、ドスパラでは“Broadwell-E”搭載のスタンダードデスクトップPC「Monarch」、クリエイター向けデスクトップPC「raytrek」も発売中です。

▼こちらで購入できます
Broadwell-E搭載パソコン
GALLERIA XT-E
GALLERIA XF-E
GALLERIA XG-E

- スポンサードリンク -