ASUS、ゲーミングデスクトップPC 2013年春モデル「CG8890-JP002S」/「CG8580-JP002S」/「CG8480-JP002S」

投稿日:

ASUSは、ゲーミングデスクトップPCの2013年春モデルとして「CG8890-JP002S」、「CG8580-JP002S」、「CG8480-JP002S」の3モデルをこのほど発売しました。

B00C58QE64 B00C4A8K74 B00C4A8KWO

ゲーミングブランド「R.O.G.」シリーズの最新モデルで、独自のオーバークロック機能や独自のフォルムを継承しながら、2012年冬モデルからスペックアップを図り、全体の処理性能が向上。より快適なゲーミングライフを提供します。

ハイエンドモデルのCG8890-JP002Sは、6コアのCore i7 Extremeエディションを採用し、独自オーバークロックにより、6コアすべてを3.8/4.0/4.2GHzの3段階切り替えで動作させます。また、水冷システムを採用するほか、筐体の各部が展開し、非常に高い冷却能力を備えています。オーバークロック中は筐体中央のR.O.G.エンブレムが赤く輝きます。

また同梱品には、Cherry製のメカニカルキースイッチを採用したキーボードやR.O.G.ゲーミングマウス「GX900」などが付属します。

基本仕様は、Core i7-3960Xプロセッサー(3.8~4.2GHz)、インテル X79 Expressチップセット、16GBメモリ、256GB SSD×2(RAID 0)、3TBハードディスク、GeForce GTX 690グラフィックカード、BDドライブ、Windows 8 64bitを搭載。

本体サイズは300×630×530mm(幅×奥行き×高さ)、質量は約24kg。価格は428,000円前後。

ハイスペックなCG8580-JP002Sは、水冷システムや筐体の展開ギミックが省かれていますが、搭載するCore i7-3770Kの4コアすべてが、ボタン1つで4.2/4.4/4.6GHzの3段階で動作する独自オーバークロックを備えています。

基本仕様は、Core i7-3770Kプロセッサー(4.2~4.6GHz)、インテル Z77 Expressチップセット、16GBメモリ、128GB SSD×2(RAID 0)、2TBハードディスク、GeForce GTX 680グラフィックカード、BDドライブ、Windows 8 64bitを搭載。

本体サイズは270×600×500mm(幅×奥行き×高さ)、質量は約20kg。価格は249,800円前後。

スタンダードなCG8480-JP002Sは、Core i7-3770Kプロセッサー(3.8~4.2GHz)、インテル Z77 Expressチップセット、16GBメモリ、32GB SSD(キャッシュ用)+2TBハードディスク、GeForce GTX 660グラフィックカード、BDドライブ、Windows 8 64bitを搭載。

本体サイズは216×543.7×480.8mm(幅×奥行き×高さ)、質量は約14.3kg。 価格は169,800円前後。

- スポンサードリンク -