ASUS、タフ仕様15.6型ゲーミングノートPC「TUF Gaming F15 FX506LH (FX506LH-I7G1650/FX506LH-I5G1650)」

投稿日:

ASUS JAPANは、ミリタリーグレードのゲーミングブランド「TUF Gaming」シリーズより、第10世代インテル Coerプロセッサー搭載を搭載した15.6型ゲーミングノートPC「TUF Gaming F15 FX506LH」の2製品を、このほど発売しました。価格は104,364円(税抜)から。

B089QLBVTD B089QLNFD7

ラインアップとして、6コア/12スレッド対応のインテル Core i7-10750Hプロセッサーを搭載した「FX506LH-I7G1650」と、4コア/8スレッド対応のインテル Core i5-10300Hプロセッサーを搭載した「FX506LH-I5G1650」を用意。

2製品とも、米国国防総省が定める軍事規格のMIL規格「MIL-STD-810H」に準拠したテストをクリアするほどの堅牢性を実現した、タフ仕様の15.6型ゲーミングノートPC。通常のノートPCでは耐えることができない、高温/低温の環境に強く、衝撃や振動などにも耐えることが可能。また、天板にはメタル素材を使用し、高品質なサンドブラスト加工を施しており、堅牢性と落ち着きのある高級感を両立。

キーボードもタフ仕様で、2,000万回以上のキー入力に耐える高い堅牢性を実現。ゲームでの使用頻度が高いWASDキーには、ほかのキーと色が違うハイライトキーを使用し、同様に使用頻度が高いスペースキーにも、よりキー入力がしやすいように下に膨らみを持たせた独自形状のキーを採用。加えて、ゲーム中の激しいキー入力時に、キーの押し込みが浅くなってしまっても問題なく正確にキー入力を検知できる、ROG Overstroke技術も全キーに採用。パームレスト部分を含むキーボード面には、指紋が付きにくく、サラサラな触り心地を実現する特別な塗装が施されています。

そのほか、デュアルファン構成の冷却機能、ステレオヘッドセットやステレオヘッドホンで仮想7.1チャンネルサラウンドを実現する「DTS:X Ultra」など完備。

液晶ディスプレイは、1,920×1,080ドット(フルHD)/144Hz駆動パネルを採用。外部インターフェイスとして、USB 3.1 Gen2 タイプC、USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、マイク/ヘッドホン・コンボジャックを装備。

ワイヤレス通信はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)準拠ワイヤレスLANとBluetooth 5.0に対応。103キー日本語RGB イルミネートキーボード、マルチタッチ・タッチパッド、2W+2Wのステレオスピーカー、アレイマイクも内蔵。

本体サイズは359.8×256×22.8~24.7ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約2.3キロ。本体カラーはフォートレス・グレイ。同梱品は、ACアダプター。

「FX506LH-I7G1650」の製品仕様は、インテル Core i7-10750Hプロセッサー(2.6GHz/最大5.0GHz)、インテル HM470チップセット、16GBメモリ、512GB SSD(PCI Express 3.0 x2接続)、NVIDIA GeForce GTX 1650 6GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。バッテリー稼働時間は約6.0時間。価格は 120,727円(税抜)。

「FX506LH-I5G1650」の製品仕様は、インテル Core i5-10300Hプロセッサー(2.5GHz/最大4.5GHz)、インテル HM470チップセット、8GBメモリ、512GB SSD(PCI Express 3.0 x2接続)、NVIDIA GeForce GTX 1650 6GBグラフィックス、Windows 10 Home 64bitを搭載。バッテリー稼働時間は約8.3時間。価格は104,364円(税抜)。

▼こちらで購入できます
ASUS TUF Gaming F15 Core i7-10750H FX506LH-I7G1650 FX506LHI7G1650
ASUS TUF Gaming F15 Core i5-10300H FX506LH-I5G1650 FX506LHI5G1650

- スポンサードリンク -