ASUS、GeForce RTX 2080 Max-Q搭載15.6型ゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS S GX531G (GX531GW-I7R2080)」

投稿日:

ASUS JAPANは、NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Qグラフィックスを採用した、15.6型ハイエンドゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS S GX531G」を、このほど発売しました。価格は399,500円(税抜)。

NVIDIA Turingコアアーキテクチャ採用のハイエンドグラフィックス「GeForce RTX 2080 Max-Q」を搭載し、リアルタイムレイトレーシングの効果により、リアルな映像を体験できる高性能ゲーミングノートPC。

また、6コア/12スレッド処理対応の第8世代インテル Core i7-8750Hプロセッサーを搭載し、PCやアプリケーションの起動などが劇的にスピードアップし、高解像度の3DゲームもデスクトップPC並に軽快に楽しむことができます。

液晶ディスプレイは、1,920×1,080ドット(フルHD)/15.6型ノングレアパネルを採用。144Hzの高速リフレッシュレートと3msの高速応答速度により、動きの激しいアクションゲームやFPSのプレイでも滑らかで残像感の少ない映像を映し出します。加えて、左右ベゼル幅が7ミリという超狭額ベゼルデザインにより、ベゼルが気にならず、ゲームプレイに没入が可能。

さらに、薄型設計のMax-Qデザイン採用グラフィックスや匠の技とも言える高度な技巧により、薄さ約16.15ミリ、質量約2.1キロと、これまでにないスリムさを実現。トップレベルの性能を備えつつ、持ち運びがラクです。薄型デザインながら米国国防総省が定める、軍用規格のMIL規格「MIL-STD 810G」に準拠した過酷なテストもクリアし、高い耐久性を誇ります。

専用設計のヒートパイプや0.1ミリの放熱フィン、液晶ポリマー素材のファンブレードなど採用した、多くの冷却技術も導入。また、天板を開くとキーボード後方部に空間ができる独自の変形機構を備え、従来の構造に比べ最大約22パーセントエアフローが向上し、約11パーセントの温度低減を実現。長時間ゲームプレイでも安心です。

キーボードは、20万回のキー入力テストをクリアした高耐久キーボードを装備。全キー同時認識が可能なNキーロールオーバーに対応するほか、キーボード上を4ゾーンで好きなカラーで発光させることができるイルミネーション機能を搭載。独自のAURA SYNCをサポートし、対応する他の接続デバイスと同期し、流れるような光の演出が楽しめます。

製品仕様は、インテル Core i7-8750Hプロセッサー、インテル HM370チップセット、24GBメモリ、NVMe対応1TB M.2 SSD、NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q 8GBグラフィックス、Windows 10 Home 64ビットを搭載。

外部インターフェイスは、USB 3.1 Gen2(タイプC)、USB 3.1 Gen2(タイプA)、USB 3.1 Gen1(タイプC)、USB 2.0×2、HDMI、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックなど装備。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/​g/n/ac準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.1をサポート。87キー英語4ゾーンRGBイルミネートキーボード、1W+1Wステレオスピーカー、アレイマイク、92万画素ウェブカメラも内蔵。

本体サイズは360×268×15.35~16.15ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約2.1キロ。電源はACアダプターまたは4セルリチウムポリマーバッテリーで、バッテリーでの連続使用時間は約3.7時間。充電時間は約2時間。本体カラーはブラックメタル。同梱品は、電源ケーブルなどが一式。

▼こちらで購入できます
ASUS ROG ZEPHYRUS S GX531G GX531GW-I7R2080 (GX531GWI7R2080)

- スポンサードリンク -