ASUS、ゲーミングPC「ROG STRIX GL12シリーズ GL12CX (GL12CX-I9KR2080/GL12CX-I7KR2070)」

投稿日:

ASUS Japanは、新世代のNVIDIA GeForce RTX 20シリーズを搭載したハイエンドゲーミングPC「ROG STRIX GL12CX」を、このほど発売しました。価格は、GeForce RTX 2070搭載「GL12CX-I7KR2070」が299,500円(税抜)、GeForce RTX 2080搭載「GL12CX-I7KR2080」が399,500円(税抜)。

両製品には、NVIDIA Turingコアアーキテクチャを採用し、リアルタイムレイトレーシングやAIなどの効果により、実写と見まがうほどのリアリティな映像を映し出す、最新NVIDIA GeForce RTX 20シリーズのグラフィックボードを搭載。また、自然対流を最大に活かす放熱設計により、高い冷却効果でゲームパフォーマンスを大幅に向上させます。

さらに、最大5GHzで動作する第9世代インテル Coreプロセッサーを搭載。多コア/多スレッドによる優れたパフォーマンスを発揮し、最新ゲームやVR体験など、軽快に楽しむことができます。強力な冷却性能を持つオリジナル水冷クーラーを装着しているため、長時間ゲームプレイでも安定動作を約束します。


2.5インチタイプのSSDをリムーバブルメディアのように使用できるホットスワップSSDトレイも搭載し、電源を入れたままSSDを拡張できるほか、バックアップメディアとして活用できます。

そのほか、内部が見えるクリアサイドパネルを同梱するほか、フロントカバーはAura Syncテクノロジーに対応。Aura Sync対応のキーボード、マウス、ヘッドホンなどの周辺機器と組み合わせることで、1,600万以上の色と多種多様なライティングエフェクトをカスタマイズできます。


「GL12CX-I7KR2070」の製品仕様は、インテル Core i7-9700Kプロセッサー(3.6GHz/最大4.9GHz)、インテル Z390チップセット、16GBメモリ、NVMe対応512GB M.2 SSD、1TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2070 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを、「ROG STRIX」シリーズ専用オリジナルケースに搭載。

「GL12CX-I9KR2080」の製品仕様は、インテル Core i9-9900Kプロセッサー(3.6GHz/最大5.0GHz)、インテル Z390チップセット、32GBメモリ、NVMe対応512GB M.2 SSD、1TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2080 8GBグラフィックボード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitを搭載。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/​g/n/ac準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.1をサポート。外部インターフェイスは、フロントパネルにUSB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク/ヘッドホンコンボジャック。バックパネルにUSB 3.1 Gen2(タイプA)×2、USB 3.0×4、USB 2.0×2、SDXC対応メモリカードリーダー、ギガビット・イーサネット、HDMI×2、ディスプレイポート×2、USBタイプC(VirtualLink専用)、ライン入力、ライン出力、マイク入力、リアスピーカー、センター/サブウーファー、S/PDIF出力など装備。

本体サイズは179×400×456ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約11キロ。本体カラーはアイアングレー。同梱品は、電源ケーブルなどが一式。

▼こちらで購入できます
ASUS ROG STRIX GL12シリーズ GL12CX GL12CX-I7KR2070 (GL12CX-I7KR2070)
ASUS ROG STRIX GL12シリーズ GL12CX GL12CX-I9KR2080 (GL12CXI9KR2080)

- スポンサードリンク -