ASUS、GeForce GTX 1050搭載エントリーゲーミングPC「ROG STRIX GL12シリーズ GL12CS (GL10CS-I5G1050/GL10CS-I7G1050)」

投稿日:

ASUS Japanは、NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載したエントリー向けゲーミングデスクトップPC「GL12CS」をラインナップ。価格は、インテル Core i5-8400プロセッサー搭載の下位製品「GL10CS-I5G1050」が109,500円(税抜)、インテル Core i7-8700プロセッサー搭載の上位製品「GL10CS-I7G1050」が139,500円(税抜)。

PascalアーキテクチャのNVIDIA GeForce GTX 1050グラフィックボードに加えて、第8世代インテル Coreプロセッサーで構成したことで、手頃な価格でカジュアルなゲームから軽め3Dゲームまで楽しめる、コストパフォーマンスに優れるゲーミングデスクトップPC。

また、1TBハードディスクに加えて、ハードディスクのアクセス速度をSSD並みに向上させる、インテル Optane メモリを搭載し、大容量化と高速アクセスを両立。OSの起動やゲームの読み出しなども高速です。


さらに、フロントパネルにはLEDを搭載しており、Aura Sync機能を利用することで光り方や色を自在にカスタマイズできます。Aura Sync機能に対応するキーボード、マウス、ヘッドセットなどと組み合わせて光らせることも可能。

「GL10CS-I5G1050」の製品仕様は、インテル Core i5-8400プロセッサー(2.8GHz/最大4.0GHz)、インテル B360チップセット、8GBメモリ、1TBハードディスク+16GB インテル Optaneメモリ、NVIDIA GeForce GTX 1050 2GBグラフィックカード、Windows 10 Home 64bitを、「ROG STRIX」シリーズ専用ゲーミングケースに搭載。

「GL10CS-I7G1050」は、プロセッサーをインテル Core i7-8700(3.2GHz/最大4.6GHz)に強化した製品。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/​g/n/ac準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 4.1をサポート。外部インターフェイスは、フロントパネルにUSB3.0×2、マイク/ヘッドホンコンボジャック。バックパネルにUSB 3.0×2、USB 2.0×2、SDXC対応メモリカードリーダー、ギガビット・イーサネット、DVI-D、HDMI、ディスプレイポート、ライン入力、ライン出力、マイク入力など装備。

本体サイズは180×430×428ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約8キロ。本体カラーはアイアングレー。同梱品は、電源ケーブルなどが一式。

▼こちらで購入できます
ASUS ROG STRIX GL12CS GL10CS-I5G1050 (GL10CSI5G1050)
ASUS ROG STRIX GL12CS GL10CS-I7G1050 (GL10CSI7G1050)

- スポンサードリンク -