ASUS、第3世代AMD Ryzen 9搭載ハイエンドゲーミングPC「ROG Strix G35DX (G35DX-R9R2080TI)」

投稿日:

ASUS JAPANは、ゲーミングブランド「ROG」シリーズのハイエンドゲーミングデスクトップPC「ROG Strix G35DX」を、このほど発売しました。価格は499,818円(税抜)。

Zen 2アーキテクチャーを採用し、16コア/32スレッド対応の第3世代AMD Ryzen 9 3950Xプロセッサー、NVIDIA GeForce RTX 2080 Tiグラフィックボードを搭載した、ウルトラハイエンドゲーミングPC。

高いマルチスレッド処理性能と、グラフィックス性能により、最新ゲームを高解像度で軽快に遊べるだけでなく、同時にゲーム配信など実行できるなど、より快適なゲーム環境を実現します。

また、プロセッサーの冷却には、水冷タイプのCPUクーラーを採用。240ミリという大型サイズの水冷ラジエーターを備え、高負荷での長時間使用でも常に安定した動作を提供します。

PC内部には、高温になるプロセッサーおよびグラフィックボードと、比較的温度が低い電源ユニットなどのパーツを分割搭載するマルチゾーン構造を採用。これにより、効率良く的確な冷却を行えます。

さらに、PCの各種設定や動作モードの変更を行えるアプリ「ROG Armoury Crate」を搭載。動作モードは、OSの標準設定のWindowsモード、性能と静音性のバランスをとったパフォーマンスモード、性能を追求したTurboモード、手動モードの4つ。Turboモード時は、プロセッサーのPrecision Boost Overdrive機能が有効になり、自動オーバークロックによって定格を超えた性能で動作します。

そのほか、ホットスワップSSDベイ、ヘッドホンフック、PC本体の前面と内部のライティング機能、Keystone機能などを搭載。PC本体の上部には持ち運ぶのに便利なキャリングハンドルを装備。

製品仕様は、AMD Ryzen 9 3950Xプロセッサー(3.5GHz/最大4.7GHz)、AMD X570チップセット、64GBメモリ、512GB SSD(PCI Express 3.0 ×4接続)、2TBハードディスク、NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GBグラフィックボード、Windows 10 Pro 64bitを搭載。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠ワイヤレスLANとBluetooth 5.0に対応。外部インターフェイスとして、フロントパネルにUSB 3.1 Gen1 タイプC×2、USB 3.0×2、マイク入力、ヘッドホン出力。バックパネルにUSB 3.1 Gen2 タイプC、USB 3.1 Gen2 タイプA×3、USB 3.0×4、ディスプレイポート×2、HDMI×2、USB タイプC、ライン入力、ライン出力、マイク入力、リアスピーカー、センター/サブウーファー、S/PDIFを装備。

本体サイズは279×433×501ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約15キロ。本体カラーはスターブラック。同梱品は、ACアダプター。


また、第3世代AMD Ryzen 7 3800X/3700Xプロセッサーや、NVIDIA GeForce RTX 2070/2060 SUPER/GeForce GTX 1660 Tiを搭載したスリムゲーミングPC「ROG Strix G15DH」も発売中です。価格は154,364~213,454円(税抜)。

▼こちらで購入できます
ASUS ROG Strix G35DX G35DX-R9R2080TI G35DXR9R2080TI スターブラック

ASUS ROG Strix G15DH G15DH-R7R2070S G15DHR7R2070S スターブラック
ASUS ROG Strix G15DH G15DH-R7R2060S G15DHR7R2060S スターブラック
ASUS ROG Strix G15DH G15DH-R7G1660TI G15DHR7G1660TI スターブラック

- スポンサードリンク -