ASRock、8コアCPU対応のSocket AM3+搭載マザー「890GM Pro3 R2.0」

投稿日:

ASRockから、AMDの次世代CPUを搭載できるSocket AM3+を採用したmicroATXマザーボード「890GM Pro3 R2.0」が発売となってます。

現時点でAMD未発表の新CPU“Bulldozer”に対応する新CPUソケット「Socket AM3+」を備えたmicroATXマザーボード。“Bulldozer”コアを採用した新型プロセッサーは、6コア/4コアモデルが用意されるほか、8コアもラインナップに加わり、コアクロックも3.5GHz以上を実現。登場時期は2011年第2四半期を予定しているという。

この新アーキテクチャの新型CPUも搭載できるのが、「890GM Pro3 R2.0」。搭載チップセットはAMD 890GX/+B850で、これまでのSocket AM3対応のPhenom II X6~2やAthlon II X4~2など取り付け可能。また、100% 全体固体コンデンサ設計となっているほか、冷却効率を向上させるAMD独自のツーピースリテンションモジュールを採用しているということです。

主な仕様は、拡張スロット数はPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。DIMMスロットは4本(最大32GB)。インターフェイスは、SATA3(6Gbps/RAID 0/1/0+1/5)×5、eSATA×1、USB 3.0×2、IEEE 1394×2、Gigabit Ethernet、HDMI、DVI、VGA、7.1チャンネルサウンドなど装備。

主な機能では、USB 3.0の転送速度を高速化する「XFast USB」や、革新的なGUI「UEFI」採用BIOSメニューなどを搭載。HDDのモニター/ファン制御/オーバークロックなどが行えるスーパーチューニングユーティリティソフト「AXTU」など付属。価格は10,280円前後。

▼製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -