バッファロー、450Mbps転送の無線LANルーター「WZR-HP-G450H」

投稿日:

バッファローは、450Mbps(規格値)の高速通信を実現したIEEE 802.11b/g/n対応無線LANルーター「エアステーション WZR-HP-G450H」を6月上旬から発売します。

B004X4W476

向きを調節可能な3本のアンテナを装備し、帯域幅40MHzで3ストリームの同時通信を行うことにより、これまでの上限だった300Mbpsの1.5倍となる450Mbpsの高速通信を実現させた無線LANルーター。この高速通信技術により、次世代光ファイバーインターネットサービス(200Mbps~1Gbps)の無線化や、PC間、NASとの大容量データの転送において対応できるとしています。通信方式は2.4GHz帯を利用することで、多くの対応機器と接続可能。なお、450Mbpsでの通信接続は子機が対応している必要があります。

主な機能では、子機側の位置や距離によって親機からの送信タイミングを自動調整し、到達距離や速度を向上させる「ビームフォーミング」や、スマートフォンのWi-Fi通信など一時的にインターネットを利用するだけ場合に便利な「ゲストポート」機能、ストリーミング映像やインターネット番組の映像再生に最適な設定変更をスイッチのON/OFFだけで行える「ムービーエンジン・スイッチ」などを搭載。

B004X4W476 B004X4W476

LAN×4ポート、WAN×1ポートは全てGigabit Ethernetに対応し、ネットワーク上の転送効率を向上させる「Jumbo Frame」に対応。また、USB2.0端子も備え、プリンタやスキャナーなどのUSB機器とホームネットワーク経由で複数のPCと共有可能。

サイズは35×165×158mm(幅×奥行き×高さ)、重量は404g。縦置きスタンドやACアダプタなどが付属し、価格は16,485円。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -