東芝、3Dと2Dを同時表示できるグラスレス3Dノート「dynabook Qosmio T851/D8CR」

投稿日:

東芝は、ノートPC「dynabook Qosmio」の新機種として、ウィンドウで3D/2Dコンテンツを同時表示できるグラスレス3Dノート「T851/D8CR」を7月下旬に発売。各通販サイトにて予約販売が始まってます。

世界で初めて画面上で3D/2Dのコンテンツを同時表示することを実現させたノートPC。液晶ディスプレイに搭載した「アクティブレンズ」や、Webカメラでユーザーの顔を追尾する「フェイストラッキング」方式などのグラスレス3D技術により、専用メガネなどを使わなくても、ひとつのウィンドウ上で高画質な3D映像を見ながら、もうひとつのウィンドウ上でインターネットの閲覧やメールチェックなど行えます。

2D→3D変換技術も搭載し、DVDやテレビ番組などの2Dコンテンツを3D映像に変換することができます。加えて、CELL技術を応用した映像専用エンジン「スパーズエンジン(SpursEngine)」も装備し、地上/BS/110度CSデジタル放送の2D番組をリアルタイムで3D映像に変換して視聴可能。

主な仕様は、CPUにCore i5-2410M(2.3GHz)、Intel HM65 Expressチップセット、8GBメモリ、750GB HDD、GeForce GT 540M(1GB)、BDXL対応ブルーレイディスクドライブ、OSにWindows 7 Home Premium 64bit)とOffice Home and Business 2010を搭載。通信機能はGigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 3.0+HSを備えます。

液晶ディスプレイは15.6型ワイドで、解像度は2D表示で1,920×1,080ドット、3D表示で1,366×768ドット相当。100万画素Webカメラも装備。チューナは、地デジ/BS/110度CSデジタルを2基搭載し、2番組同時録画が可能。

インターフェイスは、USB 3.0×1、USB 2.0×3、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、音声入出力、アンテナ入力など。高音質再生のharman/kardonステレオスピーカーも内蔵します。

バッテリは充電式リチウムイオンで、駆動時間は約2.9時間。節電機能として、ピーク時間帯にACアダプタからバッテリに切り替える「ピークシフトコントロール」や、「ecoボタン」を押すだけでecoモードに切り替わる「eco ユーティリティ」を用意します。

サイズは約387.6×266.8×31.1~36.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.3kg。リモコンやACアダプタなどが付属。

価格は23万円前後。

▼製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -