三菱、3D対応の23型IPS液晶ディスプレイ「RDT233WX-3D(BK)」

投稿日:

三菱電機は、3D立体視に対応した23型IPS液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」を5月30日に発売します。

- スポンサードリンク -

広視野角でカラーシフトの少ないIPSパネルを搭載した3D対応液晶ディスプレイ。本体は、白色LEDバックライト採用と電源ユニットの薄型化により、電源を内蔵しながら厚さ39mmを実現させたスタイリッシュでスリムなデザインとなってます。

3D方式は、偏光方式を採用。3D映像時の輝度低下やクロストーク(重なり感)、チラツキ感を抑えることができ、3D映像を高画質で表示します。HDMI 1.4端子を装備し、フレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトム、ラインバイラインなど3D規格を幅広くサポート。

3D表示には、立体視の奥行き感を調整できる機能や、「2D-3D変換」機能など搭載。HDMI 1.4対応機器からの入力信号を自動判別する機能も備えています。

高画質機能には、3D映像でも背景まで輪郭をくっきり表示する独自の超解像技術「ギガクリア・エンジンII」や、電圧を一時的に高くかけるで中間階調域の応答速度を高速化する「オーバードライブチェンジャー」など装備。画質モードも、映像ソースに適した画面サイズとアスペクト比を選べる「画面サイズ」、携帯用ゲーム機の信号をフル画面で表示できる「AVアスペクト機能」、入力信号の表示遅延を最小限に抑える「スルーモード」、映像コンテンツに合せて適切な画質に簡単設定できる「DV MODE」など用意。子画面を表示する「PinP」機能は2系統からのデジタル映像同時入力に対応します。

パネルの表面処理はハーフグレア。主な仕様は、解像度1,920×1,080ドット(フルHD)、画素ピッチ0.265mm、表示色数約1,677万色(10億6,433万色中)、コントラスト比1,000:1(最大5,000:1)、輝度250cd/平方m、応答速度3.8ms(中間色)、視野角が上下/左右それぞれ178度となってます。

2W+2Wのステレオスピーカーを搭載。インターフェイスはHDMI×2、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、D5端子を備えます。

サイズは545×170×394mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.4kg。スタンドは3段階(15mmづつ)の高さ調節機能や上20度/下5度のチルト機能を搭載。リモコンや3Dメガネ、各種ケーブルなどが付属。価格は52,800円前後。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -