三菱、フラットデザインの23型液晶「Diamondcrysta WIDE RDT235WX/RDT235WX-S」

投稿日:

三菱電機株式会社は、フラットサーフェスデザインを採用した23型フルHD液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE RDT235WX(BK)」と、「Diamondcrysta WIDE RDT235WX-S(BK)」の2機種を5月31日より発売します。価格はノングレアパネルのRDT235WXが42,800円前後、グレアパネルの「RDT235WX-S」が44,800円。

- スポンサードリンク -

画面周囲の段差を減らし、ディスプレイ表面がフラットで見やすい「フラットサーフェスデザイン」を採用した液晶ディスプレイ。画面下には、暗い場所でもわかりやすい照光式タッチオンキーを搭載し、操作しない時は自動で消灯します。パネルは広視野角なIPS方式で、LEDバックライトを搭載。

また、「スマホビューⅡ」機能を搭載し、付属のHDMI(MHL)/MicroUSBケーブルを使って、スマートフォンと接続すれば、スマホの映像や静止画などを、ディスプレイの大画面で表示しながら充電が可能。加えて、2画面表示機能でスマホなどのコンテンツを表示する際、子画面の縦横表示を自動で切り換える「新画面スタイル」機能を搭載。さらに、ディスプレイのリモコンでスマホ本体やアプリの操作が行えます。

画質機能では、コンテンツに合わせて自動的に画質を調節する「アドバンスト DV MODE」や、超解像技術「ギガクリア・エンジンII」、3.2msの高速応答の実現させた「オーバードライブチェンジャー」、遅延を0.1フレームに抑える「スルーモード」、フレーム遅延時間を表示できる「フレーム遅延時間表示」機能、デジタル入力よる2画面表示のPinP/PoutPなどを備えます。

基本仕様は、 解像度1,920×1,080ドット、表示色数約1,677万色(10億6,433万色中)、コントラスト比1,000:1(最大8,000:1)、応答速度3.2ms(中間色)、視野角上下/左右178度。輝度はRDT235WX-Sが230cd/平方m、 RDT235WXが250cd/平方m。

外部インターフェイスはDVI-D、HDMI、HDMI(MHL対応)、ミニD-Sub15ピン、D端子を装備し、2W+2Wのステレオスピーカーも内蔵。スタンド調節は上下3段階(約15mmづつ)の高さ調節と、上20度/下5度のチルトに対応。

本体サイズは533×171×390mm(幅×奥行き×高さ)、質量は約4.5kg。本体カラーは共にブラック(BK)。消費電力は0.6W以下~45W。同梱品は各種ケーブルの他、ベーススタンド、色調整用チャート、リモコンなど。

三菱電機 23型ワイド液晶ディスプレイ ノングレア RDT235WX-BK
三菱電機 23型ワイド液晶ディスプレイ グレア RDT235WX-S-BK

- スポンサードリンク -