パナソニック、4K対応の20型タブレット「TOUGHPAD(タフパッド)4K (UT-MB5)」

投稿日:

パナソニックは9月6日、4K表示が可能な20型IPSαタッチパネルを搭載したWindowsタブレット「TOUGHPAD 4K (UT-MB5)」シリーズを発表し、12月上旬より発売する予定です。ラインアップは、標準モデルの「UT-MB5010SBJ」と、スマートカードリーダー対応モデル「UT-MB5025SBJ」の2モデル。価格はオープン。

20130909003.jpg

- スポンサードリンク -

気軽に持ち運べる質量約2.35キロ(UT-MB5010SBJ)、薄さ12.5ミリと、20型液晶タブレットとしては、世界最薄最軽量を実現した法人モデル。本体はグラスファイバー製で、“TOUGHPAD”を冠することから、6cm落下試験と、30cm落下試験を実施し、堅牢設計なのも特徴です。

また、世界初3,840×2,560ドット(4K)/20型IPSαタッチパネルを採用。約1677万色の高精細な表示と、平面において、全方向から見てもしっかりと表示する広視野角を実現。画素密度は230ppi。色域はsRGBをカバーします。また、オプションでキャリブレーション不要な電子タッチペン「UT-VNP5000WU」を用意。0.1mmの精度と2,048階調により筆圧表現や極細の繊細なタッチ表現が可能で、手書きのような描画と滑らかな表示を実現します。さらに、光学技術とタッチフィルム技術の採用で、視差が少なく、ペン先との液晶の反応位置がずれず、紙の上に書くような自然で正確な描画・トレースが可能となってます。

3年間無償保証もサポートされ、修理費などのランニングコストを削減できます。

標準モデルの基本仕様は、Core i5-3437U vPro(1.9GHz/TB時最大2.9GHz)、インテル QM77 Expressチップセット、4GBメモリ、SSD 128GB、GeForce GT 745M 2GBグラフィック、Windows 8.1 Pro 64bitを搭載。

スマートカードリーダー対応モデルは、メモリ容量を8GB、SSD容量を256GBに変更し、スマートカードリーダが追加されます。

センサーはデジタルコンパス、加速度センサー、照度センサー、角速度センサー。カメラは720p対応92万画素Webカメラを内蔵。外部インターフェイスはUSB 3.0、SDカードスロット、拡張バスコネクタ、TPM、マイク入力、オーディオ出力などを装備。通信機能として、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0を備えます。

本体サイズは475×334×12.5ミリ(幅×奥行き×高さ)。質量は標準モデルが約2.35キロ、スマートカードリーダー対応モデルが2.39キロ。バッテリ稼働時間は約2時間。同梱品はACアダプター、電源コード、専用布など。

そのほか、専用クレードル「UT-VEB5000WU」、ACアダプタ「CF-AA5713AJS」のオプションも用意されます。

Panasonic TOUGHPAD 4K UT-MB5010SBJ
Panasonic TOUGHPAD 4K UT-MB5010SBJ
Panasonic TOUGHPAD 4K専用タッチペン UT-VNP5000WU
Panasonic TOUGHPAD 4K専用クレードル UT-VEB5000WU
Panasonic TOUGHPAD 4K対応ACアダプタ CF-AA5713AJS

- スポンサードリンク -