恵安、10.1型Androidタブレット「KEIAN KPD101R」/「KEIAN KPD1080R」

投稿日:

恵安は、10.1型Androidタブレットの新製品「KEIAN KPD101R」と、「KEIAN KPD1080R」をこのほど発売しました。価格はKPD101Rが19,800円、KPD1080Rが22,800円。

B00CW8ITY2 B00D8RNBNA

両モデルとも、広視野角IPS液晶ディスプレイを搭載した薄型軽量タブレット。いつでもどこでも、大画面で動画や電子書籍などを楽しめるほか、Wi-Fi機能を使ってインターネットも利用できます。両モデルの違いは、本サイズと質量、バッテリ容量が異なります。そのほかの仕様はほぼ同じ。

標準仕様は、RK3066デュアルコアモバイルプロセッサー(ARM Cortex-A9 1.6GHz)、1GBメモリ、16GBフラッシュメモリを搭載。OSはAndroid OS 4.1.1をプリインストール。

液晶パネルは1,280×800ドット/10.1型ワイドで、静電容量式マルチタッチ対応。外部インターフェイスはMicroSD/SDHC(最大32GB)、microUSB2.0、MiniHDMI、3.5mmヘッドフォン出力を装備。通信機能として、IEEE 802.11b/g/n無線LANを内蔵。30万画素フロントカメラ、200万画素バックカメラを備えます。本体カラーはシルバー。同梱品はACアダプタ、USBケーブル、OTGケーブルなど。

本体サイズは、KPD101Rが175×263×11.2mm(幅×奥行×厚さ)、質量は675g。バッテリ容量は6,400mAh。KPD1080Rが175×263×11.2mm(幅×奥行×厚さ)、質量は675g。バッテリ容量は7,200mAh。

- スポンサードリンク -