フューチャーモデルス、合金トイ「EX合金 ボーンフリー号」/「EX合金PLUS+ ティラノサウルス」 予約販売

投稿日:

アートストームは、合金トイ「フューチャーモデルス」シリーズの新製品「EX合金 ボーンフリー号」と「EX合金PLUS+ ティラノサウルス」を11月下旬に同時発売します。価格はボーンフリー号が32,184円、ティラノサウルスが10,584円。

B00K4N8Q0EB00K4N8NFC

1970年代に円谷プロが製作した“円谷恐竜三部作シリーズ”の第一弾『恐竜探険隊ボーンフリー』に登場する万能探検車「ボーンフリー号」と、故・高山良策氏製作の「ティラノサウルス」がEX合金シリーズで商品化!


ダイキャスト製のボーンフリー号は、設定通りコントロール部や居住区のあるボーンフリー1号と、各種小型メカを搭載したボーンフリー2号とに分離が可能。また、フロートを展開して外輪装置により水上走行も忠実に再現できます。

EX合金 ボーンフリー号01


EX合金 ボーンフリー号03


もちろん、ドアやハッチの開閉や、フロートの回転など数々のギミックが満載で、当時見ていた人もワクワクしながら楽しめること間違いなし!

EX合金 ボーンフリー号02


さらに、フリーシーガル、フリービークル、フリーマッカールの3機の小型メカや隊員フィギュアが付属し、プレバリューがかなり豪華です。

EX合金 ボーンフリー号04


原型制作は真鍋正一。本体サイズはボーンフリー1号が全長約120ミリ、ボーンフリー2号が全長約100ミリ、フリーシーガルが全長約100ミリ(搭載状態約40ミリ)、フリービークルが全長約35ミリ、フリーマッカールが全長約60mミリ、隊員フィギュアが全高14~26ミリ。

同梱内容は、ボーンフリー1号、ボーンフリー2号、フリーシーガル、フリーシーガル (搭載状態) 、フリービークル、フリーマッカール、ウインチパーツ (射出状態) 、ウインチパーツ (巻上げ状態) 、隊員フィギュア×9が一式。

ティラノサウルスは、昭和の特撮怪獣造形における第一人者、高山良策氏のアトリエに現存した、当時撮影に使われたミニチュアプロップ用の石膏型からオリジナルモールドを忠実に立体再現!



高山氏独自のアレンジによる愛嬌のあるディテールが魅力で、「EX合金 ボーンフリー号」と一緒に飾れば、作品の世界観を楽しめます。


原型制作は高山良策。本体サイズは全長約500ミリ。

▼こちらで予約できます

- スポンサードリンク -