バンダイ、超合金魂 GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199 予約受付中

投稿日:

バンダイは、ダイキャストモデル『超合金魂』の新製品「超合金魂 GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199」を2014年1月下旬に発売予定です。価格は27,300円。

完全新作として蘇った2199版のヤマトを、さまざまなギミックを備え完全新規造形で再現。アニメーションに使用された3DCGのモデリングデータを参照し制作されており、劇中と寸分違わぬプロポーションで再現されています。


また、従来モデルから金属素材の増加に加え、甲板部分の質感も向上。艦橋まわりのディテールについても高い再現度を誇り、まさに2199版ヤマトの決定版となってます。



ヤマトの甲板上に並ぶ3基の主砲と2基の副砲は、右側の舷側展望室のダイヤルを回すことで連動可動。砲身は1本ずつ独立して可動することができ、劇中さながらに照準を合わせる様をリアルに再現できます。


アニメ本編で使用される楽曲とSE(効果音)を収録したサウンドギミックを搭載。多彩な発光パターンと組み合わせることで、ヤマトの劇中での活躍を再現させて楽しむことができます。

電源を入れると、機関始動音と共に、艦橋部分と波動エンジンノズルが発光状態に移行。また、多色LEDを用いた発光パターンも鮮やかな波動砲発射シークエンスは、ファンならずとも必見の価値ありです。主砲発射音は、設定どおり陽電子砲(ショックカノン)と実体弾(三式融合弾)の2種を収録。これらの各種ギミックは付属リモコンを使って操作できます。


さらに、2199版ヤマトの特徴の1つ、リング状にコスモファルコンを搭載する第二格納庫も忠実に再現。限られたスペースに多数の艦載機を収容するための新設定を、本商品では金属素材を用いながら忠実に再現。舷側のハッチを開くと、新規設定の第二格納庫が現れ、艦載機のパレットは回転させることが可能です。加えて、艦底部の艦載機発・着艦口には開閉ギミックを搭載することで、劇中設定と同じくコスモファルコンはカタパルトに後ろ向きにをセットして出撃シーンを再現。


本体サイズは全長約425mmと迫力のビッグスケール。同梱内容は、ヤマト本体、着脱式安定翼×2、交換用ロケットアンカー×2、コスモゼロ×2、コスモファルコン×4、艦載機用台座 一式×6、本体用台座 一式、リモコン。電源は単4乾電池×4本使用します。

▼予約はこちらから
超合金魂 GX-64 宇宙戦艦ヤマト2199

- スポンサードリンク -