ソニー、ゲーム機「プレイステーション クラシック (SCPH-1000RJ)」

投稿日:

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、家庭用ゲーム機として1994年に発売した初代「プレイステーション」のデザインをそのままコンパクト化して精密に復刻した「プレイステーション クラシック」を12月3日より発売しました。価格は9,980円(税抜)。

B07JYZ51M8B07JYZ51M8

「プレイステーション クラシック」は、初期型「プレイステーション」の外見やボタン配置、コントローラー、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに再現しており、本体は縦横で約45パーセント、体積で約80パーセントもコンパクト化。

B07JYZ51M8B07JYZ51M8


さらに、「プレイステーション」の懐かしの名作・傑作ソフトを20作品を内蔵。収録タイトルは、『R4 RIDGE RACER TYPE 4』、『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』、『鉄拳3』、『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』、『ワイルドアームズ』(SIE)など20作品に及びます。


また、テレビやディスプレイなどに接続するためのHDMIケーブルと、本体電源供給用のUSBケーブルが同梱。なお、家庭用コンセントから電源供給する場合はUSB-ACアダプターが別途必要です。

そのほか、専用コントローラーも2個付いてるので、友達や家族と対戦したり協力したり、それぞれ対応したソフトで遊ぶことができます。

同梱内容は、プレイステーション クラシック本体、コントローラー×2、HDMIケーブル、USBケーブル、印刷物が一式。

本体サイズは約149×105×33ミリ(幅×奥行き×高さ)、質量は本体が約170グラム、コントローラーが約140グラム。外部インターフェイスとして、HDMI出力、マイクロUSB(タイプB)、コントローラー端子×2系統を装備。消費電力は最大5ワット。

▼こちらで購入できます
プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ

- スポンサードリンク -