SIEソニー・インタラクティブエンタテインメント、PS5本体「PlayStation 5 (CFI-1000A01)」/「PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000B01)」

投稿日:

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、据え置き型ゲーム機「PlayStation」シリーズの新製品で、Ultra HD Blu-rayディスクドライブを搭載した「PlayStation 5(PS5)」と、非搭載の「PlayStation 5 デジタル・エディション」を、このほど発売しました。価格は、PS5が49,980円(税抜)、PS5 デジタル・エディションが39,980円(税抜)。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント PlayStation 5

PS5本体は、Zen 2アーキテクチャの8コア/ 16 スレッド対応AMD Ryzenプロセッサーと、4Kの高精細グラフィックスを可能にするAMD Radeon RDNAグラフィックチップが統合されたカスタムプロセッサーを採用し、ゲームのロード時間を超高化するSSDと統合されたカスタムI/Oを搭載。

また、新しいDualSense ワイヤレスコントローラーと3Dオーディオ技術など用いることで、ゲームプレイはもちろんのこと、ビジュアル、感触、音に至るまで、これまでにない没入感を演出するゲーム体験を存分に味わうことができます。


共通の製品仕様は、AMD Ryzenプロセッサー(最大3.5GHzまで可変)+AMD Radeon RDNAグラフィックチップ(最大 2.23GHzまで可変)統合カスタムプロセッサー、16GB GDDR6メモリ、825GB SSDを搭載。PS5のゲームディスクはUltra HD Blu-rayディスク(100GBまで)。

外部インターフェイスとして、USB タイプA(Hi-Speed)、USB タイプA(Super-Speed 10Gbps)×2、USB タイプC(Super-Speed 10Gbps)、HDMI 2.1、ギガビット・イーサネットを装備。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)準拠ワイヤレスLAN、Bluetooth 5.1に対応。3Dオーディオ技術“Tempest”も実装。同梱品は、ワイヤレスコントローラー、ベース、電源コード、HDMIケーブル、USBケーブル、印刷物一式。

PS5の本体サイズは約390×260×104ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約4.5キロ。最大消費電力は350W。

PS5 デジタル・エディションの本体サイズは約390×260×92ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約3.9キロ。最大消費電力は340W。

そのほか、PS5対応周辺機器として、DualSense ワイヤレスコントローラー CFI-ZCT1J(単品/6,980円+税)、DualSense充電スタンド CFI-ZDS1J(2,980円+税)、PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット CFI-ZWH1J(9,980円+税)、メディアリモコン CFI-ZMR1J(2,980円+税)、HDカメラ CFI-ZEY1G(5,980円+税)も発売中。

▼こちらで購入できます
PlayStation 5 (CFI-1000A01)
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000B01)

DualSense ワイヤレスコントローラー (CFI-ZCT1J)
DualSense 充電スタンド (CFI-ZDS1J)
PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット (CFI-ZWH1J)
メディアリモコン (CFI-ZMR1J)
HDカメラ (CFI-ZEY1G)

- スポンサードリンク -