ソニー、新型PS4本体「プレイステーション 4 Pro CUH-7000シリーズ (CUH-7000BB01)」予約販売

投稿日:

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、据え置き型ゲーム機「プレイステーション 4」のハイエンド製品となる「プレイステーション 4 Pro (CUH-7000シリーズ)」を11月10日より発売します。価格は44,980円(税抜)。

B01LRHPUZ4B01LRHPUZ4

新型となる「PS4 Pro」では、心臓部であるプロセッサーとグラフィックチップをはじめとするシステムアーキテクチャの性能を強化したことで、従来以上に精緻で快適な映像表現を実現。これにより、PS4 Proを4K対応テレビに接続すれば、全てのPS4用ゲームタイトルが4Kクオリティの超高画質にアップスケーリングされ、安定した高速なフレームレートなどにより、これまで以上に高品質なゲームプレイが可能となります。加えて、4K解像度までの動画再生も可能となるため、Netflix、YouTubeなどの4Kストリーミング動画サービスをPS4 Pro上でも鑑賞できます。

また、フルハイビジョンテレビでも、PS4 ProがPS4の全てのゲームを1080pで出力し、一部の対応タイトルにおいては、より安定した高速なフレームレートで出力することで、より一層ゲーム体験が向上します。さらに、PS4 Proを含む全てのPS4は、超高画質映像体験を提供する次世代テレビの普及を見込み、映像本来の明暗部を再現しより広範囲な色幅の再現を可能にするハイダイナミックレンジ(HDR)映像技術に対応するのもポイント。HDR対応テレビに、PS4 Pro/PS4本体を接続すればHDR対応のゲームをはじめとした様々なコンテンツの映像を、人の目で見た現実世界に近い、自然で鮮やかなコントラストで楽しむことができます。

もちろん、バーチャルリアリティー(VR)対応ゲームで使用するバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」にも対応し、「最高の遊び場」としての魅力を提供します。

PS4 Proの外観は、従来のPS4と同様、前後に傾斜をつけたフォルムを継承しながら、PS4 Proの持つパワフルな性能を表現する3層のブロックで構成したソリッドなデザインで仕上げ、上質な鏡面加工を施したPSファミリーマークを上面中央に配置。

ハードディスク容量は1TBと大容量。より多くのタイトルや体験版、追加コンテンツ、ゲームプレイ動画などを保存することができます。また、USBポートは、フロントに2ポート、さらにバックパネルにも新たに1ポート追加。PlayStation VRをはじめとした、様々なUSB機器をより多く接続することができ、利便性もアップさせています。

同梱内容は、プレイステーション 4 Pro本体、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) CUH-ZCT2J、モノラルヘッドセット、電源コード、HDMIケーブル、USBケーブルが一式。

本体サイズは約295×327×55ミリ(幅×奥行×高さ)、質量は約3.3キロ。消費電力は最大310ワット。本体カラーはジェット・ブラック。

▼こちらで予約できます
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)


B01LPTFJ8WB01LRMLR9WB01LRMLR4C

B01LPTFB3UB01LVVYG4B


そのほか、新型PS4/PS4 Proの発売に合わせ、新ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)CUH-ZCT2シリーズ(5,980円+税)、新型PlayStation Camera(CUH-ZEY2シリーズ) CUH-ZEY2(5,980円+税)、新型PS4/PS4 Pro専用縦置きスタンド CUH-ZST2(2,280円+税)もラインアップ。

▼こちらで購入できます
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) マグマ・レッド (CUH-ZCT2J11)
ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) ウェイブ・ブルー (CUH-ZCT2J12)

PlayStation Camera(CUH-ZEY2J)

”PlayStation 4”専用縦置きスタンド(CUH-ZST2J)

- スポンサードリンク -