タスクボタンをランチャー化するWindows 7専用ソフト「Bins」ベータ版

投稿日:

20110331_bins.JPG

「Bins」ベータ版は、タスクボタンにアプリケーションを登録してランチャーソフトのように使用できるWindows 7専用ソフト。

起動すると、タスクボタンに複数のアプリケーションをドラッグ&ドロップでどんどん登録することができるようになり、まるでランチャーソフトのように素早くアプリを起動できます。結果、制約のあるタスクボタンの数を節約できたり、アプリをグループ管理できて便利。

登録されたアプリケーションは、タスクボタンにアイコンで表示されます。タスクボタンにマウスオーバーすると上部に吹き出し風に現れ、使用したいアプリケーションのアイコンをクリックすれば起動や切り替えができる仕組み。

さらに、アプリケーションの画面をサムネイル表示する機能も備えています。

アプリケーションの画面をサムネイル表示する“ライブサムネイル”(ソフト上では“Aero Peek”と表記)にも対応。設定画面からは、登録アプリケーションの吹き出しとライブサムネイルの位置関係をカスタマイズすることもできる。また、タスクボタンをクリックするごとに、起動中の登録アプリを順番にアクティブにする機能なども備えている。
本ソフトは、タスクトレイ常駐型のWindows 7専用ソフトで、ダウンロードの際はメール登録が必要。なお、ベータ版はフリーで使用できますが、正式版はシェアウェアになるということです。

▼詳細は窓の杜の記事より
窓の杜 - 【REVIEW】1つのタスクボタンに複数アプリをまとめられるWindows 7専用ソフト「Bins」

▼ダウンロード
Bins by OneUp Industries

- スポンサードリンク -