YAMAHA(ヤマハ)、薄型テレビにマッチするコンパクトな5.1chシアタースピーカー「NS-P285」

投稿日:

ヤマハは、シアタースピーカーパッケージの新製品で、薄型テレビにマッチするコンパクトな5.1chモデル「NS-P285」を6月に発売します。

フロント、サラウンドスピーカーを4基と、センタースピーカー、サブウーファで構成される5.1chのサラウンドスピーカーシステム。テレビサイドに置いても邪魔にならないコンパクトサイズながら、本格的な5.1chホームシアターを手軽に導入できます。付属の卓上ミニスタンドを装着すれば、フロント/サラウンドスピーカーを棚置きできるほか、背面穴を利用した壁掛け設置にも対応。別売スタンド「SPS-90」を使えば床置きも可能。

フロント/サラウンドスピーカーは、6.5cmのフルレンジ×2で、インピーダンスは6Ω、許容入力は30W。サイズは90×109×90mm(幅×奥行き×高さ)、重量は0.51kg

センタースピーカーは、2.5cmのバランスドーム型ツィータと6.5cmコーン型ウーファ×2から構成され、インピーダンスは6Ω、許容入力は50W。サイズは220×109×90mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1kg。

サブウーファーは、空気そのものを振動板として利用するという“エア・ウーファー”の考え方に基づいた独自技術「A-YST(Advanced Yamaha Active Servo Technology)」方式を採用しており、コンパクトボディながら豊かな重低音を再生できるということです。スペックは、16cmコーンを搭載し、定格出力は50W(5Ω)。サイズは262×316×264mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.9kg。

総合再生周波数帯域 30Hz~40kHz 。スピーカーミニスタンド×4や、滑止めパッド×4、各種ケーブルなどが付属し、価格は30,450円。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -