パイオニア、スマホとつながるWi-Fi Direct搭載BDプレイヤー「BDP-160」など

投稿日:

パイオニアは、スマートフォン/タブレットとワイヤレス接続できるWi-Fi Directを搭載したBlu-ray Disc(BD)プレーヤー「BDP-160」と、Wi-Fi Direct非搭載の「BDP-3120」を5月下旬より順次発売します。価格はBDP-160が16,800円前後で6月下旬発売。BDP-3120が12,800円前後で5月下旬発売。

- スポンサードリンク -

BDP-160は、Wi-Fi Directに対応したBDプレイヤーで、自宅にWi-Fi環境がなくても、スマートフォンやタブレットなどと直接ワイヤレス接続して、スマホ/タブレット内の動画/写真などをBDプレーヤーで再生して楽しむことができます。

また、Wi-Fi環境があれば、家庭内ネットワークにワイヤレス接続されているサーバー内のメディアファイルを再生することが可能なほか、「YouTube Send to TV」にもBDプレーヤーで初じめて対応しており、スマートフォンで検索したYouTube動画をBDプレーヤーで視聴することができます。加えて、動画の検索や再生/停止などの操作をスマートフォン側から直接行うことができます。

さらに、リモコンアプリ「iControlAV 2013」や「Pioneer ControlApp」をサポート。スマホ/タブレットにインストールすることで、Wi-Fi経由でBDプレーヤーのワイヤレスリモコンとして利用できます。

再生可能ディスクはBD/DVDビデオ、Blu-ray 3D、BD-R/RE、BD-R DL/RE DL、DVD±R/R DL、AVCHD/AVCREC、SACD/CDなど。DVDはVRモードにも対応。BDビデオ/Blu-ray 3DはBD-Liveをサポートします。高画質再生機能として「ストリームスムーサー」や高音質再生機能「サウンドレトリバー」を搭載。

BDP-3120は、BDP-160からWi-Fi Directなどのネットワーク機能や高画質再生機能を省いたエントリーモデルとなります。なお、BD-Liveは利用可能。

そのほか、オープンキーを押すことで電源が入り、トレーオープンと再生準備が3秒で完了し、前回見ていた映画などの続きのシーンから再生する「つづき見」機能を搭載。画質関連では、1080pアップスケーリング、1080/24p出力、DeepColor(36 bit)、x.v.Colorに対応します。

外部インターフェイスはHDMI、光デジタル音声、アナログ音声(2ch)、イーサネットを装備。USB端子はBDP-160が2ポート、BDP-3120が1ポート備え、USBメモリに保存れている動画/音楽/写真を再生可能。対応フォーマットは動画がWMV/MKV/DivX Plus HD/FLV/3GP。音楽がFLAC/MP3/WMA。静止画はJPEGで、BDP-160のみMPO/PNG/GIFも対応します。

本体サイズは、BDP-160が435×250×58mm(幅×奥行き×高さ)、質量は2kg。消費電力は17W、待機時0.3W。本体カラーはブラック。

BDP-3120は360×208×39mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.2kg。消費電力は13W、待機時0.3W。本体カラーはブラックとホワイトの2色。

ブルーレイディスクプレーヤー BDP-160
ブルーレイディスクプレーヤー BDP-3120

- スポンサードリンク -