パナソニック、ポータブル地上デジタルテレビ「VIERA(ビエラ) DMP-BV300/HV200/HV150」3月発売

投稿日:

パナソニックは、液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」のポータブルタイプ「DMP-BV300」、「DMP-HV200」、「DMP-HV150」の3機種を3月18日より発売します。価格は順に8万円前後、5万3,000円前後、4万3,000円前後。

20110227_portable-viera01.jpg

20110227_portable-viera02.jpg

全機種に1,024×600ドットの10.1型α-Siワイド液晶を搭載し、チューナは12セグ/ワンセグに対応。4ダイバーアンテナを内蔵し、アンテナを接続しなくても地デジを受信でき、受信環境に応じて12セグ/ワンセグの自動切り替えします。外部アンテナ端子も装備。周囲の明るさに合わせて、画面の明るさを最適に制御するエコナビ機能も搭載。

SD/SDHC/SDXC対応のカードスロットも装備し、カードに保存されている動画(MPEG-2/4)やDIGAの「持ち出し番組(SD-VIDEO)」(MPEG-4 AVC/H.264)、AVCHDの再生に対応。

ネットワーク機能も搭載。インターネットに接続することで料理をするときに便利なレシピサイト「Panasonic Cooking『おうちごはん』」や、「YouTube」、ホームネットワーク経由でディーガで録画した番組を別室で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」を利用できます。さらに、「Skype(スカイプ)」もサポートし、別売のコミュニケーションカメラ「TY-CC10W」を用いることで、ビデオ通話を楽しむことができます。ドアホンやセンサーカメラとも連携可能。

HV200にはIEEE 802.11n対応の無線LANを標準搭載。BV300/HV150も別売の無線LANアダプタ「DY-WL10」を使用することで、ワイヤレスでネットワーク機能を利用できます。

BV300はブルーレイディスクプレーヤーを内蔵したモデル。BD/DVDビデオの再生や、BD-R/RE、DIGA(ディーガ)で録画したAVCRECディスク、音楽CD、JPEG/MP3を記録したCD-R/RWの再生が可能。「リアルクロマプロセッサ」も搭載し、高画質でBD/DVDビデオなどを再生できます。「BD-Live」もサポート。

HV200は、業界初のジェスチャーコントロールを搭載し、手を左右に動かしてチャンネル操作やレシピめくりができたり、手をかざすことで音量調整が可能。HV200/150はIPX3準拠の防滴仕様で、HV200は濡れた手でも、本体に触れることなくジェスチャーコントロールを行えます。

20110227_portable-viera03.jpg

インターフェイスは、USB端子、3.5mmのAV入力、SD/SDHC/SDXC対応のカードスロットを装備し、BV300のみHDMI出力を備えます。USB端子はBV300が2系統、HV200/150は1系統搭載。

電源はACアダプタを使用。BV300は付属のバッテリパック「DY-DB35」を装着して、外へ持ち出すことができます。HV200はバッテリが別売。HV100はバッテリを使用できません。バッテリの駆動時間はBV300が最長4時間、HV200は約3時間30分。

サイズ(幅×奥行き×高さ)は、BV300が260×55.1×199.5mm、HV200/150が260×122×208mm。重量は、BV300が約1,714g(バッテリ含む)、HV200が約1,120g(バッテリパック除く)、HV150が約1,100g。

カラーバリエーションは、BV300がシルバー(S) /レッド(R)の2色。HV200はブラック(K)。HV150はホワイト(W)。付属品はリモコンやACアダプタなど。

▼DMP-BV300の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼DMP-HV200の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング


▼DMP-HV150の製品情報と最安値のチェックは以下の通販サイトで
楽天市場アマゾン(Amazon.co.jp)Yahoo!ショッピング

- スポンサードリンク -