ブリジストン、『VERY(ヴェリィ)』と共同開発の電動アシスト自転車「HYDEE.B(ハイディビー)」6月発売

投稿日:

ブリヂストンサイクルは、女性誌『VERY(ヴェリィ)』(光文社刊)と共同開発した電動アシスト自転車「HYDEE.B(ハイディビー)」を6月25日に発売します。

2歳半以上の子供さんを対象に、“おしゃれと安全性を両立した子供乗せ電動アシスト自転車がほしい”というニーズに応えるべく、同社とVERY編集チームが共同で開発して生まれた26インチの電動アシスト自転車。

フレームに、ループ形状のアルミタフフレームを採用したほか、ゆったりとした姿勢がとれるクルーザーハンドル、センタースリックのMTBタイヤなど、こだわりのパーツを使用。女性でもこぎやすく、子供さんが成長したあとでもおしゃれに乗れるスポーティーデザインに仕上げられています。

チャイルドシートは、子供さんの成長に合わせてヘッドガードとフットレストの位置が調整できるヘッドガード付「ハンサムチャイルドシート」を搭載。子供さんの足を守る大型フットガードや、ワイドオープンタイプのグリップバー、3点止めベルトも備えています。シートの使用範囲は、2歳以上6歳未満、身長115cm以下、体重22kg以下。

転倒防止対策としては、手元のレバーでハンドルをロックする「テモトデロックII」や、幅の広いスタンド「スーパーラクラクワイドスタンド」を装備。

アシスト機能では、車速センサーを使い、状況に合わせてギアを変えることで、最適なアシスト力をコントロールする「S.P.E.C.3」(スペックスリー/Shift Position Electric Control×内装3段)を採用。走行モードは、パワフル感がアップする「強モード」、パワーも距離も両立する「標準モード」、アシスト力を自動でコントロールする「オートエコモードプラス」を用意し、デジタルメーター付きの手元スイッチで簡単にモード切り替えが可能。デジタルメーターには、速度表示やバッテリ残量表示機能を搭載。

バッテリは、従来の約2倍の寿命となる容量6.0Ahの「長生きバッテリー」を採用。700~900回充電可能で、充電時間は約3時間。走行距離の目安は、強モードが22km、標準モードが26km、オートエコモードプラスが30km。

このほか、電池不要で自動点灯する砲弾型のLEDランプ「ホワイトフラッシュミニ1W LED点灯虫」や、リフレクターが埋め込まれたアルミペダル、施錠開錠しやすいサークル錠など装備。

ボディサイズは1,835×560mm(全長×全幅)。カラーは、T.Xクロツヤケシ、F.Xアクティブレッド、E.Xホワイトの3種類。チャイルドシートのクッションデザインはそれぞれ、迷彩と赤、迷彩柄と黒、迷彩と赤の2パターンずつ付属。

価格は139,800円。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -