TVS REGZA、65/55/50/45V型4K液晶テレビ「レグザ Z570Kシリーズ」予約販売

投稿日:

TVS REGZは、4K液晶テレビの新製品「4Kレグザ 570Kシリーズ」を、9月17日より順次発売する予定です。価格は、65V型の「65Z570K」が231,000円前後で9月17日発売予定、55V型の「55Z570K」が176,000円前後で9月17日発売予定、50V型の「50Z570K」が154,000円前後で10月上旬発売予定、45V型の「45Z570K」が121,000円前後で10月下旬発売予定。

TVS REGZA 4K液晶テレビ レグザ Z570Kシリーズ

「レグザ Z570Kシリーズ」は、新開発の3,840×2,160ドット/直下型倍速4K液晶パネルを搭載し、スポーツなどの動きが速いシーンも高画質で滑らかに再現することができる4K液晶テレビです。

また、液晶パネルの性能を充分引き出すために、新開発の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZR I」を採用。高度なダイナミックガンマ制御により、さらなる高コントラストを実現するとともに、36色軸カラーイメージコントロールにより淡い色の繊細なニュアンスなどオリジナルに近い自然な色を再現します。

高画質技術として、視聴環境の明るさや色温度の違いをリアルタイムに検出して常に適切な画質に自動調整する「おまかせAIピクチャーZRⅠ」、地上デジタル放送でエリアごとにあらわれる様々なノイズを低減してクリアな映像を描き出す「地デジAIビューティZR I」を搭載。クラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメーターを活用して高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」によって、様々な番組を高画質化します。

さらに、人肌の立体感や質感を向上させるとともに、黒ずみや白飛びなどを抑制して自然な人肌を再現する「ナチュラル美肌トーン」、ネット動画の特性に合わせて高画質処理する「ネット動画ビューティZR I」なども備えます。ブルーライトを、従来製品「50Z740X」よりも削減しているのも特徴。

HDR規格は、HDR10、HLG、HDR10+、Dolby Vision、Dolby Vision IQに対応。HDR映像の色彩をさらに正確に表現し、立体感のあるリアルな映像を再現する「HDRオプティマイザー」も装備。

高音質技術として、新開発「レグザ重低音立体音響システム」を搭載。2基のバスレフボックススピーカーと、1基の重低音バズーカを配置し、総合出力40Wのマルチアンプで駆動。立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応しているので、映画館のような立体的で迫力のあるサウンドを堪能できます。

2基のBS4K/110度CS4Kチューナーを搭載し、別売りの外付けUSBハードディスクをつなげば、4K放送を見ながら別の4K番組を録画できる「4Kダブルチューナーウラ録」に対応。3基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーも備え、番組を見ながら別の2番組を同時録画できる「BSも地デジも3チューナーW録」に対応します。

録画機能として、「番組ガイド」」を利用し、見逃しがちな特番や番組改編期のドラマ、アニメを素早くチェックして録画することが可能。自動録画の「おまかせ録画」にも対応し、「おすすめドラマ」「ゴルフ」「話題の番組」といった、見たいジャンルやお気に入りのタレントを登録するだけで、レグザが自動で録画していきます。

録画した番組は新「録画リスト」で簡単に探し出すことが可能。AIが視聴履歴に基づいて番組をレコメンドする「おすすめ番組」機能や、録画番組のシーンを目次のように表示する「シーン/出演者」も利用できます。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/acに準拠。インターネットに接続すれば、Amazon Prime Video、YouTube、dTV、ABEMA、Hulu、TSUTAYA TV、DMM.com、U-NEXT、DAZN、Paravi、スカパー! オンデマンド、ひかりTV 4K、クランクイン! ビデオ、Rakuten TVなどの様々な動画サービスを利用可能。

同梱のリモコンには、ABEMA、Hulu、U-NEXT、YouTube、Amazon Prime Videoのダイレクトボタンに加えて、新たにMy.Choiceボタンを追加。My.Choiceは、お気に入りのネット動画配信サービスやHDMI入力端子などを登録でき、ボタンひとつですばやく起動できます。

テレビとリモコンの両方にマイクを内蔵し、音声による操作も可能。Google アシスタント対応のスマートスピーカーを使った音声操作もサポートします。OSは「Android TV」を採用。

外部インターフェイスとして、HDMI入力×4(うち2系統はVer.2.1対応)、ビデオ入力、アナログ音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、USB×3、イーサネットを装備。

HDMI入力の1と2は、4K/120p入力をサポート。また、コンテンツに応じて低遅延モードと高画質モードを自動的に切り換える「ALLM」、リフレッシュレートとフレームレートとの不整合により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減する「バリアブルリフレッシュレート(VRR)」に対応。ゲーム機の出力映像に合わせて自動的に画質調整を行う「オートゲームアジャスト」機能も搭載。

65V型の本体サイズは145.1×32×85.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約20.5キロ。消費電力は212W、年間消費電力は115kWh/年。

55V型の本体サイズは123.2×25.9×73.4センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約15.5キロ。消費電力は160W、年間消費電力は96kWh/年。

50V型の本体サイズは111.9×25.9×67.1センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約13.0キロ。消費電力は140W、年間消費電力は96Wh/年。

45V型の本体サイズは96.5×19.6×58.3センチ(幅×奥行×高さ)、質量/消費電力/年間消費電力は未定。

▼こちらで予約できます
TVS REGZA 4Kレグザ Z570Kシリーズ 65V型 65Z570K
TVS REGZA 4Kレグザ Z570Kシリーズ 55V型 55Z570K
TVS REGZA 4Kレグザ Z570Kシリーズ 50V型 50Z570K
TVS REGZA 4Kレグザ Z570Kシリーズ 45V型 45Z570K

- スポンサードリンク -