TVS REGZA、4K液晶テレビ「レグザ Z670Kシリーズ」に85/75V型が追加

投稿日:

TVS REGZAは、4K液晶テレビ「レグザ Z670Kシリーズ」に、85V型の「85Z670K」と、75V型の「75Z670K」を新たに追加し、今秋に発売する予定です。価格は未定。

TVS REGZA 4K液晶テレビ レグザ Z670Kシリーズ 85Z670K 75Z670K

「レグザ Z670Kシリーズ」は、新開発の広視野角/スリム直下型高輝度倍速パネルを搭載し、倍速駆動にも対応した4K液晶テレビです。

高画質技術には、新開発の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRⅠ」を搭載。高度なダイナミックガンマ制御により、さらなる高コントラストを実現。また、36色軸カラーイメージコントロールが淡い色の繊細なニュアンスなどオリジナルに近い自然なカラーを再現可能。

自然な人肌を表現する「ナチュラル美肌トーン」、常時さいてきな画質に自動調整する「おまかせAIピクチャーZRⅠ」、ネット動画をなめらかに高画質表示する「ネット動画ビューティZRⅠ」、様々なノイズを低減し、高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZRⅠ」、クラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメーターを活用し、高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」なども搭載。HDR規格は、HDR10、HLG、HDR10+、HDR10+ ADAPTIVE、DOLBY VISION、Dolby Vision IQをサポート。

高音質技術として、新開発「レグザ重低音立体音響システムZP」を搭載。新開発の2Wayバスレフボックススピーカー、重低音バズーカ、トップツィーターなど合計9個のスピーカーを配置し、実用最大出力合計値60Wのマルチアンプで駆動。加えて、立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。

2基のBS4K/110度CS4Kチューナーを搭載し、別売りの外付けUSBハードディスクをつなげば、4K放送を見ながら別の4K番組を録画できる「4Kダブルチューナーウラ録」に対応。3基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーも備え、番組を見ながら別の2番組を同時録画できる「BSも地デジも3チューナーW録」に対応します。

録画機能として、見逃しがちな特番や番組改編期のドラマ、アニメを素早くチェックでき、録画することが可能な「番組ガイド」を搭載。自動録画の「おまかせ録画」にも対応。録画した番組は新「録画リスト」で簡単に探し出すことが可能。AIが視聴履歴に基づいて番組をレコメンドする「おすすめ番組」機能や、録画番組のシーンを目次のように表示する「シーン/出演者」も利用できます。

ワイヤレス通信は、IEEE 802.11a/b/g/n/acに準拠。インターネットに接続すれば、Amazon Prime Video、YouTube、dTV、ABEMA、Hulu、TSUTAYA TV、DMM.com、U-NEXT、DAZN、Paravi、スカパー! オンデマンド、ひかりTV 4K、クランクイン! ビデオ、Rakuten TVなどの様々な動画サービスを利用可能。

同梱のリモコンにはABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、YouTube、Amazon Prime Videoのダイレクトボタンが設置されており、ボタンひとつで、サービスにすばやくアクセスできます。テレビとリモコンの両方にマイクを内蔵し、音声による操作も可能です。スマートスピーカーを使った音声操作もサポート。OSは「Android TV」を採用。

外部インターフェイスとして、HDMI入力×4(うち2系統はVer.2.1対応)、ビデオ入力、アナログ音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力、USB×3、イーサネットを装備。

HDMI入力の1と2は、4K/120p入力をサポート。また、コンテンツに応じて低遅延モードと高画質モードを自動的に切り換える「ALLM」、リフレッシュレートとフレームレートとの不整合により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減する「バリアブルリフレッシュレート(VRR)」に対応。ゲーム機の出力映像に合わせて自動的に画質調整を行う「オートゲームアジャスト」機能も搭載。

85V型の本体サイズは190.3×38.0×111.7センチ(幅×奥行×高さ)。質量/消費電力/年間消費電力は未定。

75V型の本体サイズは167.5×36.7×100.0センチ(幅×奥行×高さ)、質量は約36.0キロ。消費電力は362W、年間消費電力は158kWh/年。

▼こちらで予約できます
TVS REGZA 4K液晶レグザ 85V型 85Z670K
TVS REGZA 4K液晶レグザ 75V型 75Z670K

- スポンサードリンク -