東芝、40/32/24/19型液晶テレビ「レグザREGZA S22シリーズ」

投稿日:

東芝映像ソリューションから、液晶テレビのスタンダードモデル「REGZA S22」シリーズとして、40型の「40S22」、32型の「32S22」、24型の「24S22」、19型の「19S22」を、このほど発売しました。価格は、40型が6万円前後、32型が47,000円前後、24型が38,000円前後、19型が32,000円前後。

B07TRQGH1H
B07H4B23MYB07H4C66L8B07GYJWX4J

全製品に2基の地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵しており、別売りのUSBハードディスクへ番組を見ながら裏番組の録画できる「2チューナーウラ録」に対応。

液晶ディスプレイの解像度は40型が1,920×1,080ドット、40型以外の3製品が1,366×768ドット。高画質映像処理エンジンには「レグザエンジンファイン」を搭載し、残像低減、階調・質感・色彩表現に優れた映像処理を行うほか、番組表の高速起動など快適なテレビ視聴・操作を実現。

高画質技術は、地上デジタル信号の映像をローカルエリアごとに解析し、画素ごとに最適な処理を行うことで高精細に映し出す「地デジ精細感復元」、彩度に合わせて輝度を強調・加算する回路技術で色の濃い映像も質感まで再現する「カラーテクスチャー復元」、立体感のある映像を実現する「質感リアライザー」などを備えます。

また、映像ソースに合わせて最適に画面表示する「映像モード」も用意。映像モードは映画、ゲーム、あざやか、標準、ライブ、PCから選べます。さらに、家庭用テレビゲーム機での操作時に感じる遅延を短縮する「ゲームダイレクト」を搭載。遅延時間は約18.33msecを実現させ、ゲームを快適にプレイすることができます。

便利な機能として、PCと接続してレグザを大画面モニターとして使用できる「PCコネクト」、オフタイマー、節電モードなど搭載。同梱のレグザリモコンは、同社の「レグザブルーレイ」や「レグザタイムシフトマシン」などの外部接続機器を操作できる「レグザリンク・コントローラ」に対応。

40型の本体サイズは90.5×16.0×55.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は7.5キロ。口径2.5×9センチのステレオスピーカーを搭載し、最大出力は7W+7W。消費電力は67W、待機時0.4W。年間消費電力量は60kWh/年。

32型の本体サイズは90.5×16.0×55.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は7.5キロ。口径2.5×9センチのステレオスピーカーを搭載し、最大出力は6W+6W。消費電力は52W、待機時0.4W。年間消費電力量は48kWh/年。

24型の本体サイズは90.5×16.0×55.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は7.5キロ。口径2.5×6.5センチのステレオスピーカーを搭載し、最大出力は2W+2W。消費電力は38W、待機時0.4W。年間消費電力量は35kWh/年。

19型の本体サイズは90.5×16.0×55.7センチ(幅×奥行×高さ)、質量は7.5キロ。口径3×7センチのステレオスピーカーを搭載し、最大出力は1.8W+1.8W。消費電力は36W、待機時0.4W。年間消費電力量は32kWh/年。

外部インターフェイスは、HDMI入力×2(ACR対応)、ビデオ入力、音声入力、光デジタル音声出力、ヘッドホン出力、B-CASカードスロット、USB、イーサネットなど装備。本体カラーはブラック。同梱品は、シンプルレグザリモコン、B-CASカード、転倒防止クリップなどが一式。

▼こちらで購入できます
東芝 40V型 フルハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 40S22
東芝 32V型 ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 32S22
東芝 24V型 ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 24S22
東芝 19V型 ハイビジョンLED液晶テレビ REGZA 19S22

- スポンサードリンク -