東芝、省エネタイプのリビング扇風機「SIENT(サイエント)F-DLN100」

投稿日:

東芝ホームテクノは、DCインバーターモーターを搭載したリビング扇風機「SIENT(サイエント)F-DLN100」を5月10日より新発売します。

従来のACモーターから、先進のDCインバーターモーターに変更したことできめ細かな回転数の制御を可能にしています。加えて、新形状の7枚羽根を採用したことで、連続風で7段階、リズム風で4段階の滑らかに変化する自然な風を作り出せるという。

また、DCインバーターモーターは省エネ性にも優れており、従来機種「F-LM100X」と比べて消費電力を約54%削減せています。消費電力は、静音性に優れたレベル1の微風が毎分12立法mの風量で3W、風量が毎分41立法mの最大風量レベル7でも16W(首振りなし)と低消費電力。さらに、羽根の枚数を増やしたことで、同じ風量でも回転数を少なくするとともに運転音を抑えることができ、運転音は最小で16dB、最大で43dBを実現。

首振り機能も強化され、左右の動きに加え、新たに上下にも稼動し、ランダムな動きで立体首振りを行うことにより広範囲に風を送り出すことができ、高さ110cmのハイポジションや、上向き角度最大40度(自動20度+手動20度)が可能なため、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても使用することができます。

風量調整は、本体に備えられた大きめのダイヤルで操作可能。ダイヤルの周囲に7つのLEDランプを内蔵し、7段階の風量をわかりやすく表示。

このほか、4段階で調節できる「リズム風」や、エアコンのタイマー運転との組み合わせに便利な「切/入ツインタイマー」、運転停止前の状態を記憶する「メモリー機能」、子供やペットによる誤操作を防ぐ「チャイルドロック」など装備。

羽根の直径は30cm。本体の高さは810~1,100mm。重量は約6.5kg。本体は転倒を防ぐために重心が低い設計となってます。

電源のON/OFFや風量レベル、首フリ、タイマー機能などの操作できるカードリモコンが付属し、価格は25,000円前後。

▼製品情報や最安値のチェックは以下の通販サイトで

- スポンサードリンク -